さがみはら中央区版 掲載号:2016年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

「一貫性」極め世界の頂点へ 「CREAM」が市長報告

スポーツ

左から駒井さん、吉田さん、加山市長、浜田さん。「地域イベントにもたくさん参加します」と爽やかな笑顔を見せる3人=14日、相模原市役所
左から駒井さん、吉田さん、加山市長、浜田さん。「地域イベントにもたくさん参加します」と爽やかな笑顔を見せる3人=14日、相模原市役所
 アメリカ・フロリダ州で4月7日から9日に開催されたチアリーディング・ダンスの世界大会「NCA&NDA全米大学選手権」。そのJazz部門で、桜美林大学(三谷高康学長)のソングリーディング部「CREAM」が優勝し、14日、部員3人が加山俊夫市長に喜びの声を届けた。

 部長の吉田春澄香(はるか)さん(4年)と副部長の駒井朔貴(さき)さん(同)、浜田萌奈(もな)さん(同)が「今回の優勝は、みなさまに応援頂いたお陰です」と感謝を報告。加山市長からは「日々の厳しい練習をこなしながらも、チームワークがないとこの栄冠にはたどり着かなかったでしょう。本当に嬉しく思います。これからも頑張って、連覇に繋げてください」という激励の言葉とともに、賞讃の楯が授与された。

 今大会の採点で重視されたのはチームの「一貫性」。

吉田さんらは「気持ちが揃わなければ技も揃わない、技が揃わなければ気持ちも揃いません。CREAMの魅力は『みんなで』やること。毎日話し合いを行い、一人ひとりの温度差を合わせるよう努めました」と勝利の秘訣を話した。

 同部は11月19・ 20日に開かれる国内大会で4年生が引退となる。「結果を残し続けることが大切。1位を獲得し、世界大会への出場権を後輩へ繋げていきたい」

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク