さがみはら中央区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

利用者増も、存続厳しく 大野北コミバス

社会

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
地域住民の重要な交通手段であるコミュニティバス
地域住民の重要な交通手段であるコミュニティバス

 大野北地区を走るコミュニティバスの存続をめざす、同バス利用促進協議会の会議が1日に開催された。会議では、今年2月の経路と運行ダイヤ変更により利用者数は増加しているものの、存続条件の一つである「1便当たり利用者数10人以上」の条件を満たすまでには至っておらず、存続に向けては依然、厳しい状況にあることが分かった。

 同バスは大野北地区の生活交通確保を目的に2014年2月から運行。運行開始から2年間はその後の本格運行が可能かどうかを見極める実証運行期間で、1便当たり10人以上の利用者数と収支比率(車両償却費などを除いた経常費用に対する運賃収入の割合)50%以上を満たす必要があったが、16年1月時点で達成できず、本格運行は厳しい状況に追い込まれていた。

 そこで同促進協議会では、運行ダイヤと経路の見直しに着手した。同年2月から運行時間短縮を目的に出発駅を変更し、朝夕の時間帯には急行便を新設するなど利用者増へ大胆な改革を実施。16年度中に上記2条件を達成し、運行存続をめざした。

 その結果、同年2月から6月までの1便当たりの乗車人数は、15年一年間の7・4人から8・7人にまで増加。とりわけ急行便の効果は大きく、平日朝の急行便における1便当たりの利用者数は20人に迫り、収支比率も全体で40%を超えた。地域住民を中心とした大胆な改革は一定の成果を上げたが、運行存続に必要な2条件は満たせておらず、存続への道のりは険しいままだ。

 同促進協議会では今後も、存続に向けて自治体と連携しながら周知活動などに取り組んでいく予定だ。

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

受け入れ万全で評価

五輪総括(上)

受け入れ万全で評価 スポーツ

事前キャンプ・聖火リレー

9月23日号

期間は9月30日まで

キャッシュバック

期間は9月30日まで 経済

 市「早めの利用を」

9月23日号

横山に新ワークスペース

横山に新ワークスペース 経済

柔軟な働き方に対応

9月23日号

直筆サイン プレゼント

石川雄洋選手

直筆サイン プレゼント 文化

9月23日号

「好奇心が原動力」

星が丘在住 加藤さん

「好奇心が原動力」 文化

電子画集を67冊刊行

9月23日号

相模原市、100歳以上は305人

【Web限定記事】

相模原市、100歳以上は305人 社会

最高齢は南区在住の110歳女性

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook