さがみはら中央区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

関東大会初出場を決めたママさんバレーボールチーム「WING 」の主将を務める 鞆屋(ともや) 綾子さん 南橋本在住 45歳

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena

ママの頑張り結果で示す

 ○…小山小学校区で活動する創部12年目のママさんバレーボールチーム「WING」。活動中は「私語厳禁、ヘラヘラ禁止」。家族と過ごす時間を練習に充てる以上、本気で取り組む。自身が作成する緻密なメニューは学生の部活動さながら。「選手からすると『鬼』のようだと思う」と話しつつ、選手への感謝をにじませる。そんな中、6月に開催された相模原地区予選会でブロック優勝を収め、続く県大会で関東大会への出場権を得た。「普段から厳しい練習をこなしてきた結果」。喜びを覗かせつつ、主将として冷静に勝利を分析する。

 ○…小・中・高とバレーボールに青春を捧げた。中学1年生の頃は、スイング練習ばかりの日々を送った。悔しくて、家の庭木にボールを括りつけ猛特訓。足を鍛えるため、上履きの裏に釘を刺して踵を地面に着けずに生活したことも。その甲斐あって2年生でレギュラーに抜擢され活躍を見せたが、高校では熾烈なレギュラー争いに阻まれ挫折を味わった。失意の中、監督にマネージャーを勧められ転機を迎える。「マネをやってから性格が変わった。誰かの面倒を見るようなタイプではなかったけど、部員の健康管理や練習メニューを考えるうちに、人を観察する力がついた」

 ○…バレーボールのことばかり考える日々だが、オンとオフの切り替えも大切にしている。オフの楽しみの一つは、蕎麦好きが高じてチーム内に結成した「蕎麦部」。部員と長野や山梨に日帰りで蕎麦を食べに行きリフレッシュ。「自分でお店を調べて、部員にはどこに行くか言わないんです」と無邪気な笑顔をこぼす。

 ○…「勝つから楽しい」。厳しい指導も練習も、部員と心からの楽しさを共有したいから。「お母さんが頑張っていることを、家族に分かってほしい。そのためには、結果を残さないと」。チームワークを武器に勝利をめざす関東大会。「WING」ママたちの戦いは、新たなステージの幕を開ける。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

南区在住 75歳

10月28日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

南橋本在住 46歳

10月21日号

郡家 光英さん

西門商店街でコスプレイベントを開催する

郡家 光英さん

東京都在住 30歳

10月14日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月7日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

9月30日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook