さがみはら中央区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

相模原市新火葬場 秋ごろ最終候補地決定へ 「考える会」で調査状況報告

社会

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena

 市と緑区津久井地区の住民らで構成される「相模原市新たな火葬場を考える会」の第4回会議が7月7日に開催され、2024年の供用開始に向け、同地区での整備を予定している市営斎場の候補地3カ所の調査状況の報告等が行われた。市は3カ所の各評価を数値化したものを次回会議で提案し、そこでの意見を踏まえ、秋ごろに最終候補地を決定する意向を示している。

 第3回会議において候補地として【1】寺沢奥南、【2】帝京グラウンド【3】土沢北の3カ所が選出された。第3回会議のあと、市は3カ所とは別の新たな候補地の可能性を検証。リニア非常口建設の発生土の活用等が見込めるとして、津久井広域道路延伸部にある(仮称)土沢交差点西側が候補に上がったが、ここでの整備には相当な時間がかかり、2024年の供用開始に間に合わせることが困難とされたため候補地から除外した。当初は3月末までに第4回会議を開く予定だったが、この一連の検証を行っていたため、第4回会議開催が延びたと市は説明した。

 報告された調査状況によると、候補地である【1】寺沢奥南の概算事業費は約6億8500万円。県道鳥屋川尻から約700m離れているため新しい道路の整備が必要となるが、周辺300m以内に人家はない。【2】帝京グラウンドの概算事業費は約6億5500万円。県道から約400m離れており、300m以内に人家が少数あり。【3】土沢北の概算事業費は約8億4600万円。県道と隣接しているが、300m以内に多くの人家があるとされる。

 市は費用やアクセス性などの観点から3カ所の各評価を数値化し、8月末を予定している次回会議で提案する。そこでの意見を踏まえて周辺住民への説明を行い、今秋ごろに最終候補地を決定していく構えだ。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

田名に住民交流の新拠点

田名に住民交流の新拠点 文化

ボラセン併設で支援厚く

10月21日号

投票所でコロナ対策徹底

衆院選

投票所でコロナ対策徹底 社会

市選管「できるだけ分散を」

10月21日号

巨人から4位指名

プロ野球ドラフト会議 東海大相模石田隼都投手

巨人から4位指名 スポーツ

10月21日号

相模原の観光 「経営視点で」

相模原の観光 「経営視点で」 経済

協会、5か年計画策定へ

10月14日号

自民立民、一騎打ちの様相

自民立民、一騎打ちの様相 政治

衆院選 神奈川14区

10月14日号

大型物流施設 田名に誕生

大型物流施設 田名に誕生 文化

地域共生へ、一般開放も

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook