さがみはら中央区版 掲載号:2016年9月15日号 エリアトップへ

公益社団法人相模原市シルバー人材センターの理事長に就任した 山中 森勝さん 清新在住 74歳

掲載号:2016年9月15日号

  • LINE
  • hatena

手にしたのは「生きがい」

 ○…62歳の時、勤め上げてきた会社を「卒業」。人とのつながりや仲間との出会いを求めて、相模原市シルバー人材センターに登録した。それから12年。「長く続けてきただけなのに、いつの間にか大役を仰せつかっちゃって」と苦笑を浮かべる。同センターは、60歳以上の健康で働く意欲があれば、誰でも登録できる公益社団法人。3千人を超える会員を抱えるだけに、「毎日、会員の安全を願って緊張していますよ」

 ○…センターに登録後、最初に派遣されたのは狂犬病の予防接種の手伝い。「それまでの仕事上の肩書を捨て、全員が同列で働くのが新鮮だった」と振り返る。その後は仕事柄扱っていたワープロやパソコンの知識を生かし、相模原市高齢者大学でパソコン講座の講師やサポート役に従事した。「受講生も同世代。友人のような関係になれる」。そうしてできた人の輪が、心地良かった。「感謝されて、対価ももらえて、まさに生きがいの一つ。入って本当に良かった」

 ○…北海道の出身。1971年に結婚を機に相模原市へ移り住んだ。会社を卒業後は自治会運営にも携わり、地域のために尽力。防災士とさがみはら防災マイスターの資格も取得した。「少しでも役に立てればね」と笑う。会社時代の同志で集まり、山を歩くのが趣味。「今年は南アルプスを狙おうと思っていたのに、私が多忙になってしまった」と苦笑い。また、6人いる孫たちと過ごすのも至福の時間。「3年前に女の子が生まれて、さらに華やかになったよ」と相好を崩す。

 ○…シルバー人材センターの登録者は相模原市全体で3529人。年金支給年齢や雇用年齢の引上げなどにより、全国的に減少傾向にある。しかし、需要は増え続けていくことが予想される。「仕事の達成感は生きがいになり、健康寿命を延ばすことにもつながる。希望する日時で働けるので、多くの人に登録してほしいですね」

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月23日号

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

向陽町在住 43歳

9月16日号

松田 桂吾さん

相模原法人会青年部会の部会長を務める

松田 桂吾さん

南区相模大野在住 49歳

9月9日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

南区在住 62歳

9月2日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

高岡 典彦さん

7月12日付で第37代相模原税務署長に就任した

高岡 典彦さん

中央区富士見在勤 56歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook