さがみはら中央区版 掲載号:2016年12月1日号 エリアトップへ

NHK交響楽団に所属し、12月21日(水)に相模原市民会館でコンサートを行う 坪池 泉美(いずみ)さん 中央区在住 35歳

掲載号:2016年12月1日号

  • LINE
  • hatena

夢の舞台で充実の時を

 ○…オーボエ奏者として、生まれ育った相模原で初めてソロコンサートに臨む。「N響」の公演は都内で行われることがほとんど。地元での開催を前に「遠方だと声を掛けづらいですが、地元の友人などを誘えるのでありがたい」と笑みをこぼす。普段は楽団の一員として舞台に立つ機会が多いが、今回は自らが主役。「オーボエを単体で聴く機会は少ないと思うので、独特の音色を楽しんでほしい」

 ○…中学生の頃から「N響アワー」を観る音楽好きな少女だった。中でもオーボエの音色に心奪われ、同じ舞台に立つことを夢見た。中学でオーボエを吹き始めると、高校、大学でその腕に磨きをかけ、大学卒業後は現地講師からの誘いで音楽の本場・ドイツに留学。「個性」が重視される指導に戸惑うも、次第に自分らしい演奏が身に付き手応えをつかんだ。4年間の留学を経て帰国すると、権威ある「日本音楽コンクール」で入選。自信を胸に長年の夢であった「N響」の試験に挑んだ。一度目は最後の一人まで残るも落選。あきらめかけたが、審査員から「あなたならもう一度一番になれる」と声を掛けられ、再挑戦を決意。苦難の末、見事合格を果たし、大舞台への扉を開いた。

 ○…自他ともに認めるグルメ通。公演や指導で全国を回り、その土地の逸品を食す。「福岡で食べたうなぎのせいろ蒸しの味が忘れられません」。公演後、同僚と行う「宴」も楽しみの一つ。演奏の緊張から解放され、仲間と過ごす時間は何ものにも代え難い。

 ○…「N響」に所属し、3年目を迎える。技術を維持するには日々の鍛練が欠かせない。辛い時には留学時代の恩師の「練習は演奏が楽しくなるためにしよう」という言葉を噛みしめ、自分をさらに高めていく。他の楽団と比べて公演の収録が多く、「毎回緊張しますが、今は慣れてきました」と白い歯を見せる。夢に見た「テレビの向こう側」で今、充実した時を過ごす。
 

低価格の安心リフォーム!

品質と価格で選ばれているアイテリアナカムラにお任せください!

https://aiteria-n.co.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

鎌田 次郎さん

2021シーズンからSC相模原のキャプテンを務める

鎌田 次郎さん

相模原市在住 35歳

2月25日号

磯貝 サイモンさん

相模原市の「新しい生活様式」実践促進動画のBGM「skylark」を制作した

磯貝 サイモンさん

相模原市出身 37歳

2月18日号

安藤 民世さん

行政相談委員として2020年度の総務大臣表彰を受賞した

安藤 民世さん

陽光台在住 75歳

2月11日号

新井 多志郎さん(本名:高橋敏彦)

2月1日に文芸社から著書・処女作『流転』が出版された

新井 多志郎さん(本名:高橋敏彦)

上溝在住 68歳

2月4日号

田村 智樹さん

「運動動画」を配信している青山学院大学フィットネスセンターのトレーナー

田村 智樹さん

淵野辺在住 31歳

1月28日号

伊藤 孝久さん

今年度、市内で唯一文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた

伊藤 孝久さん

緑区橋本在住 69歳

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク