さがみはら中央区版 掲載号:2017年1月1日号 エリアトップへ

青山学院大学 箱根3連覇へ 準備万端 選手層の厚さ健在

スポーツ

掲載号:2017年1月1日号

  • LINE
  • hatena
3連覇と3冠をかけたポーズを決める選手ら
3連覇と3冠をかけたポーズを決める選手ら

 1月2日(月)・3日(火)に開催される「第93回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(主催/関東学生陸上競技連盟)。中央区淵野辺のキャンパスを練習拠点とする青山学院大学は、箱根駅伝3連覇と今シーズンの大学駅伝3冠という偉業の達成を狙う。

 2015年の「ワクワク大作戦」、16年の「ハッピー大作戦」と日本陸上界のみならず、お茶の間をも盛り上げ、楽しませる作戦を掲げて、箱根の山を2年連続で制してきた青学。これまでは、山上りの5区で快走を見せ「山の神」と称された神野大地選手(現コニカミノルタ)をはじめとする「史上最強」と評されたメンバーで総合優勝を勝ち取ってきた。しかし今年は「青学に『神』はいません」と原晋監督。それでも、選手層の厚さは健在で「誰をどこに走らせるか、幾通りものパターンを想定している。前半型にするのか、後半型にするのか。うれしく悩んでいる」と自信を見せる。それに応えるかのようにエース区間「花の2区」での出場が決定している一色恭志選手(4年)は「(区間記録が狙える)66分台をめざして走りたい」と意気込む。また、1年時から箱根駅伝に出場している田村和希選手(3年)も、「周りの方々から『青学のエースになりつつあるね』と言われているので、それにふさわしい立場で青学を優勝に導ければ」と気合十分だ。

 今季、主将を務める安藤悠哉選手(4年)が「強い4年生(神野選手ら)が抜けて、下の選手が次は自分が活躍したいという気持ちを出すようになって、競争が激しくなった」と語るように、今季の青学は、チーム内での競争意識が高く、切磋琢磨しあうことでチームとしてレベルアップしている。一方で「みんなで勝ちに行こう」という協調性も育んできたと安藤選手。「普段は楽しく、明るく、やる時はやる」という雰囲気を大切にしながら、練習や寮生活などにおける下級生の意見を取り入れるようにしたという。下級生から意見を吸い上げるミーティングなどを実施することで、選手個々だけでなく組織としての強さも増した。

今年は「サンキュー大作戦」

 「今のところ順調にきている。インフルエンザやノロウイルスに感染しなければ、学生たちの素敵な笑顔を皆さんにお届けすることができる」と昨年の追われる立場での雰囲気とはうって代わり、充実ぶりを見せる原監督。今年は、これまで青学を支えてくれた人たちへの感謝を込めて「サンキュー大作戦」で箱根の山に挑む青学。もちろん地元・相模原への感謝も忘れてはいない。「青学時代」の到来を告げられるか。大会は2日午前8時号砲。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 社会

感染者減少も警戒継続

12月2日号

地元飲食店と弁当開発

富士見小児童

地元飲食店と弁当開発 社会

9日に市役所で販売会

12月2日号

大型物流施設 市民に開放

大型物流施設 市民に開放 文化

市長ら招き「街びらき」

11月25日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

男子が25年ぶり栄冠

東海大相模陸上競技部

男子が25年ぶり栄冠 スポーツ

県高校駅伝大会

11月18日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

サーティーフォー交通

「人と場所をつなぎ、夢を実現する」をコンセプトに地域交通インフラの一翼を担う

https://3400.jp/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook