さがみはら中央区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

昨年12月、相模原市選挙管理委員会(市選管)の委員長に就任した 佐藤 賢司さん 横山在住 71歳

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena

政治の世界「もっと身近に」

 ○…「地元・相模原への貢献」を胸に、通算で7期務めた市議を辞してから2年弱。新たな挑戦として、かつての「選ばれる」立場から、今は候補人と市民を「繋ぐ」立場に。市議の頃は政治のど真ん中に立っていたが、引退し一歩引いた立ち位置で市政を眺めると、一般市民の関心の低さに気付かされた。政治に市民参加が欠かせないことを強調し、「政治の世界をもっと身近に感じてもらえるような取組みを推し進めたい」と意気込む。

 ○…政治の世界へ飛び込むきっかけとなったのは大学時代に経験した学園紛争。混乱を極める中、仲間と日本のあるべき姿を議論した。その中で「国には外交など最低限の事を任せ、あとは地方が行うべき」との信念を抱くようになり、市議を志した。大学卒業後は故・戸沢政方元代議士の秘書などを務め、選挙のイロハを学んだ。37歳で初めて市議選に立候補し当選。1回の落選を経て引退までの28年間、旧津久井郡4町との合併や政令市への移行など相模原の未来を左右する重要な事業に尽力した。

 ○…「元気なうちに引退し、好きなことを楽しみたい」と、議員は70歳までと決めていた。言葉通り、引退後は憧れだった畑での野菜作りに興じた。ただ、「休暇をもらい十分楽しんだので、もう一回ネクタイを締めて最後の『奉公』をしたい」と、既に新たな仕事への意欲に満ち溢れている。

 ○…近年、投票率の低下が問題視される中、「市民の『生活』と『政治』が密接に結び付いているのを理解してもらうことが重要」と考える。そして、一昨年の市議選で起きた集計ミスについて「市選管と各区の選管が今まで以上に協力し、二度と起きないようにしたい」と再発防止に向けて誓いを立てる。めざすのは公正な選挙の実現と市民の政治参加の促進。議員生活で培った知見を生かし、地元・相模原に豊かな政治土壌を整え、成熟した「相模原市政」を育んでいく。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

南区在住 75歳

10月28日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

南橋本在住 46歳

10月21日号

郡家 光英さん

西門商店街でコスプレイベントを開催する

郡家 光英さん

東京都在住 30歳

10月14日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月7日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

9月30日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook