さがみはら中央区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

市内インフル、流行広がる 国の「注意報レベル」に

社会

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は19日、市内のインフルエンザ罹患者の報告数が、国の定める「注意報レベル」を超えたことを発表した。

 市では市内39カ所の医療機関を「定点医療機関」とし、インフルエンザなど感染症の発生状況を1週間ごとに集計。その1定点医療機関あたりの報告数によって、「注意報」「警報」レベルとしている。今回、第2週(1月9日〜15日)の報告数が第1週(1月2日〜8日)の8・00から倍増となる16・85となり、「注意報レベル」である10人を超えた。これは昨年よりも1週早いが、平年並み。

 インフルエンザ罹患者の増加に伴い、市内各校では学級閉鎖が相次いでいる。厚生労働省が定める報告開始日(2016年9月5日)から2017年1月19日までに、小・中学校、高校、その他計69学級が学級閉鎖となり、欠席者数は560人に及んでいる。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

地域貢献へ寄付

伊藤典範

地域貢献へ寄付 社会

人形供養で集めた費用

10月28日号

「一緒に山歩きしませんか」

「一緒に山歩きしませんか」 スポーツ

町田のハイキングクラブ

10月28日号

11月は口腔がん検診月間

11月は口腔がん検診月間 社会

歯科川崎医院が呼びかけ

10月28日号

ライズ、今季初勝利

ライズ、今季初勝利 スポーツ

エレコムとの接戦制す

10月28日号

共生めざすセミナー開講

共生めざすセミナー開講 社会

障害者の交流機会を創出

10月28日号

予約無し接種が終了

予約無し接種が終了 文化

定員に達し期間短縮

10月28日号

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook