さがみはら中央区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

相模原市パークゴルフ協会会長としてニュースポーツの普及に取り組む 秋葉 稔さん 並木在住 79歳

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena

熱き心で広げる「輪」

 ○…子どもから高齢者まで三世代が一緒に楽しめる、ニュースポーツ「パークゴルフ」で地域の健康促進を図る。使うのは通常より大きめの木製ボール1つとクラブ1本。短めのコースを回ると自然と4千歩ほどに。競技には会員、一般の人に加え、近隣の障害センターの利用者も仲間に加わるなど活動の輪は広がっている。「林の中でみんなの笑い声が聞こえた時が最高に嬉しいんだ」。このスポーツをきっかけに多くの人が繋がることが夢だ。

 〇…活動の始まりは、定年後に公民館に顔を出した時のこと。地域について考える講座で、光が丘地区の介護状況を調べた。高齢者が多い一方で、介護保険の利用率が少ない特徴から「この町には元気な高齢者が多いはず」と考えた。日中、地域にいる高齢者のエネルギーで町を元気づけようと仲間に声をかけ、かつて経験のあったパークゴルフで交流を始めた。その活動は共感を呼び、競技の手軽さも手伝って、参加者は次第に増えていった。

 〇…会社員時代は建設業界に身を置き、全国を飛び回る毎日。「ご近所付き合い無し」、「朝出て朝帰る」、「酒は浴びるほど」の三拍子で豪快に時代を生き抜いた。過去について「昨日から前のことは忘れた」と冗談を交えつつ、「年齢、立場、利害関係無く、みんなが一緒に楽しめる。そんな今の生活が好きなんだ」と日々の充実に笑顔を見せる。

 〇…全国に1280コース、愛好者は125万人といわれるパークゴルフ。協会が掲げる当面の目標は、このスポーツが普及し市内初の常設競技場ができること。「課題はあるけれど、生きている限り井戸を掘り、『にごり水』までは出したいね」と意気込みは十分。座右の銘とする「『熱い涙』と『赤い血』」を持って人情と情熱を重んじ、会の更なる躍進をめざす。「明日やることは毎日決まっている。地道にやっていくよ」。その元気と明るさで周囲を照らし、今年傘寿を迎える。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

向陽町在住 43歳

9月16日号

松田 桂吾さん

相模原法人会青年部会の部会長を務める

松田 桂吾さん

南区相模大野在住 49歳

9月9日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

南区在住 62歳

9月2日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

高岡 典彦さん

7月12日付で第37代相模原税務署長に就任した

高岡 典彦さん

中央区富士見在勤 56歳

8月19日号

田中 和亜(かずあ)さん

神奈川県司法書士会相模原支部の支部長を務める

田中 和亜(かずあ)さん

陽光台在住 48歳

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook