さがみはら中央区版 エリアトップへ

2017年3月の記事一覧

  • 博物館deトレジャーハンター

    相模原市立博物館レポvol.9

    博物館deトレジャーハンター

    考古学担当学芸員 中川真人

     わたしたちの足下(あしもと)の大地には、何千年、何万年といったはるか大昔の先人たちの暮らしが眠っています。発掘調査によって眠りから覚めた考古資料は、...(続きを読む)

    3月16日号

  • 週末は上溝商店街へ

    週末は上溝商店街へ 文化

    溝の朝市 19日(日)午前8時〜

     上溝商店街振興組合主催による毎月第3日曜恒例の「溝の朝市」。今月は、3月19日(日)に福祉施設「ずっと我が家」の広場で開催される。時間は午前8時〜9時半(雨天...(続きを読む)

    3月16日号

  • 「大先輩」からアドバイス

    「大先輩」からアドバイス 教育

    青学でスポーツセミナー

     青山学院大学相模原キャンパスで4日、同大と市内の中学生が交流するスポーツセミナーが行われた。 関東大学バスケットボール新人戦で優勝する...(続きを読む)

    3月16日号

  • 陶芸と写真のコラボ展

    陶芸と写真のコラボ展 文化

    ギャラリースペース游

     ギャラリースペース游(千代田2の2の15)では、3月19日(日)まで「火落とし祭 陶芸と写真展」が開催されている。時間は午前11時から午後5時(最終日は午後4...(続きを読む)

    3月16日号

  • 松橋 利光さん

    「生き物カメラマン」として、活動20年を記念し出版した写真集を市内小中学校などへ寄贈した

    松橋 利光さん

    緑区久保沢在住 47歳

    やりたいことを、自然体で ○…「死なせないようにとか、咬まれないようにとか生き物に触るには五感をフルに使う。ふれて初めて興...(続きを読む)

    3月16日号

  • 松橋さん、著書309冊寄贈

    松橋さん、著書309冊寄贈 社会

    「相模原の広大な自然知って」

     緑区久保沢在住のカメラマン・松橋利光さん(47/今号人物風土記で紹介)がこのほど、市立小中学校、市内のこどもセンターや児童館、公民館図書室などへ、自身の写真集...(続きを読む)

    3月16日号

  • 地域一丸で認知症予防

    地域一丸で認知症予防 社会

    星が丘でカフェ開催

     星が丘公民館では、外出やおしゃべりをする機会を設けることで認知症の予防につなげようと「すずかけオレンジカフェ」が毎月第4火曜日に開催されている。...(続きを読む)

    3月16日号

  • アートトラック撮影会

    アートトラック撮影会 社会

    19日(日)高田橋で慈善イベ

     全日本アートトラック連盟気まぐれ會主催によるアートトラック撮影会が3月19日(日)、相模川高田橋下の河川敷で開催される。 当日は、全国...(続きを読む)

    3月16日号

  • 富士見小でドローン撮影

    富士見小でドローン撮影 社会

    PTA創設15周年事業

     富士見小学校で2月28日、児童、教職員らを集め、ドローンでの写真撮影が行われた。  これは同小PTAの創設15周年記念...(続きを読む)

    3月9日号

  • 伝える、勝利への「熱き思い」

    伝える、勝利への「熱き思い」 スポーツ

    〜川口選手、相模原での2年目の挑戦〜

     日本代表としてワールドカップでも活躍した川口選手は、高校の先輩にあたる望月重良代表の誘いを受けSCに加入した。 昨季は、開幕直前に負っ...(続きを読む)

    3月9日号

  • 「復興支援」銘打ち続ける

    市内ボランティアグループ「青い鳥」 特別企画 東日本大震災6年〜つなぐ〜 後編

    「復興支援」銘打ち続ける 社会

    届け 被災地への思い 家庭に眠る衣類や手芸用品の寄付を募り、バッグやエプロンなどの小間物に生まれ変わらせ、販売。その収益を...(続きを読む)

    3月9日号

  • 遠くの親戚 迎えるように

    大船渡市「鮮魚シタボ」 村上勝弘さん・富士子さん夫妻 特別企画 東日本大震災6年〜つなぐ〜 後編

    遠くの親戚 迎えるように 社会

    夫婦で交流・発信に尽力 岩手県大船渡市と陸前高田市の間に位置する碁石海岸。海岸を望む末崎町に「鮮魚シタボ」がある。村上勝弘...(続きを読む)

    3月9日号

  • 10年目の決意

    10年目の決意 スポーツ

    〜地域に必要とされるクラブへ〜

     地元サッカークラブ「SC相模原」は今年でチーム創設10年目を迎えた。「何もないところ」からはじまったクラブも、史上最速でのJリーグ加入を経てJ3は今年で4季目...(続きを読む)

    3月9日号

  • 来年度新入学生の保護者会

    「公立高校以外の選択」

    来年度新入学生の保護者会

    中3生の新入学、高校生の転入・編入学 受付中

     高校入学を控えた中3生の保護者会へ足を運んだ。受験シーズンも終盤、公立ではできない自分らしい高校生活を送るためにKTC中央高等学院を志望する生徒は多いという。...(続きを読む)

    3月9日号

  • 豊かな発想と表現力で

    豊かな発想と表現力で 文化

    映像祭 区内高校生が入賞

     プロ・アマ問わず、市民が制作した応募作品の中から大賞を決める映像祭「東京ビデオフェスティバル2017」に、区内の高校に通う生徒の作品が入賞した。...(続きを読む)

    3月9日号

  • 始まりは町の小料理屋

    始まりは町の小料理屋 スポーツ

    「SC誕生の地」で聞く

     相模原駅そばの閑静な住宅街に佇む海鮮居酒屋「築地 山加(やまか)」。SC相模原の物語は、ここから始まった。 遡ること10年前、現在SC...(続きを読む)

    3月9日号

  • 新年度予算で意見交換

    新年度予算で意見交換 政治

    市、地域連合らで説明

     相模原地域連合・連合神奈川と相模原市は2月22日、相模原市役所で「平成29年度相模原市予算概要説明会」を開催した。 同説明会は、相模原...(続きを読む)

    3月9日号

  • 手づくりのひなまつり

    手づくりのひなまつり 社会

    大野北誠心園

     東淵野辺の特別養護老人ホーム・大野北誠心園(村上博由施設長)で3日、桃の節句に合わせた行事が開催された。 職員の工夫に満ちたアイデアが...(続きを読む)

    3月9日号

  • 地震防災戦略を強力に推進

    県政報告Vol.25

    地震防災戦略を強力に推進

    神奈川県議会議員 河本 文雄

     東日本大震災から6年が経過しようとしています。私たちは、この記憶を風化させることなく、地震災害に備えることが必要です。 大正型関東地震...(続きを読む)

    3月9日号

  • 「関節リウマチ」の公開講座

    「関節リウマチ」の公開講座 社会

    4月9日(日) 杜のホール

     杜のホールはしもとで4月9日(日)、医師らが「関節リウマチ」をテーマに講演する市民公開講座が開かれる。午後1時開場(1時30分開演)。参加無料。...(続きを読む)

    3月9日号

  • 住民の意識調査を発表

    住民の意識調査を発表 社会

    高齢者の免許自主返納

     高齢者の運転免許自主返納に関して、相模原HiT(ヒッツ)S準備委員会(小林充明会長)が事前に行っていた住民の意識調査アンケートの結果報告会を3月15...(続きを読む)

    3月9日号

  • 国の防災大賞を受賞

    光が丘独立防災隊

    国の防災大賞を受賞 社会

    県下では市内団体のみ

     防災に関する優れた取組を行う全国の団体・組織を賞する「第21回防災まちづくり大賞」(総務省消防庁主催)の受賞団体がこのほど発表され、光が丘地区の独立...(続きを読む)

    3月9日号

  • 岡山から桜の贈り物

    岡山から桜の贈り物 スポーツ

    創業50周年のギオンへ

     ギオン相模原センター(南区当麻)に2月23日、桜の苗が植樹された。同センターを運営する株式会社ギオンの創業者の祇園義久氏の出身校である岡山県立岡山操山高校の同...(続きを読む)

    3月9日号

  • 神野選手もレースに出場

    神野選手もレースに出場 スポーツ

    相模原クロスカントリー

     相模原クロスカントリー大会2017が3月11日(土)、相模原ギオンスタジアム(南区下溝)をスタート、ゴール会場に開催される。 全国でも...(続きを読む)

    3月9日号

  • 伊藤 洋佑(ひろすけ)さん

    写真家として、東日本大震災後の被災地に咲く桜を撮影している

    伊藤 洋佑(ひろすけ)さん

    南区在住 39歳

    「桜」に込める 復興の思い ○…未曽有の大震災が東北を襲った2011年。その年から、被災地に咲く桜を撮影している。満開に咲...(続きを読む)

    3月9日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    3月9日0:00更新

     震災から2年が経過した夏、宮城県南三陸町を訪れた。塩水で枯れた木々や剥き出しになった山肌…。その景色を鮮明に覚えている。 「できること...(続きを読む)

    3月9日号

  • ブラジル、相模原市を検討

    東京五輪事前キャンプ地

    ブラジル、相模原市を検討 スポーツ

    市長「早期に覚書締結を」

     2020年に開催される東京五輪・パラリンピックにおいて、ブラジルが事前キャンプ地として相模原市を検討していることが分かった。市では「今夏までに覚書を締結できれ...(続きを読む)

    3月9日号

  • 「人を思う気持ち」後世へ

    和編鐘奏者 ゆきね(桜井有機子)さん

    「人を思う気持ち」後世へ 社会

    鎮魂の響き 音色で祈る 澄んだ音で祈りを天に届ける仏具「りん」。大小異なるそれら40個を逆さまにして吊るし、鐘を打って音色...(続きを読む)

    3月2日号

  • 新生SC、活躍誓う

    新生SC、活躍誓う スポーツ

    今季主将に岡根選手

     地元サッカークラブ・SC相模原の望月重良代表らは2月23日、市役所を訪れ加山俊夫市長らに今季の意気込みを語った。 SCは昨季、後半戦の...(続きを読む)

    3月2日号

  • 好評のシニア向け賃貸住宅で内覧会

    お部屋は35平方メートル〜59平方メートル、二人入居可、町田駅徒歩圏

    好評のシニア向け賃貸住宅で内覧会

    へーベルヴィレッジ町田中町

     小田急線の町田駅から徒歩12分、スーパーや病院、銀行、市役所が徒歩圏に立地する、サービス付き高齢者向け住宅「へーベルヴィレッジ町田中町」で内覧会を開催する。...(続きを読む)

    3月2日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook