さがみはら中央区版 掲載号:2017年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

小方選手、待望の総合優勝 全日本モトクロス選手権

スポーツ

得意のジャンプで他を圧倒した小方選手
得意のジャンプで他を圧倒した小方選手

 自然の地形を生かした未舗装のコースでスピードを競うモータースポーツの一つ、モトクロス。その日本最高峰・全日本モトクロス選手権シリーズの第3戦が5月20日、21日に世羅グリーンパーク弘楽園(広島県)で開催され、緑区出身のライダー・小方誠選手が、2015年シーズンの第3戦以来遠ざかっていた総合優勝を勝ち取った。今回の結果を受けて、年間9戦それぞれの獲得ポイント数で争われるシリーズチャンピオンランキングでは、首位と6ポイント差の暫定3位に浮上。念願のチャンピオン奪還に向けて、大きな一歩となった。

 15年シーズンに第7戦までランキング首位を快走していたものの、その後の第8戦で転倒し、負傷。その影響をシーズン終盤まで引きずり、チャンピオン獲得が目前で叶わなかった小方選手。翌16年シーズンも、所属チームを移籍して臨むも、初戦での負傷などが響き、ふるわなかった。

 そんな中で迎えた今シーズン。第1戦は6位、第2戦は2位と着実にポイントを稼ぎ、駒を進めてきた。

 初日に予選、2日目に2回の決勝レースを行い、総合順位を決める同選手権。小方選手は、1回目の決勝レースで接戦を得意のジャンプで制し、優勝。2回目では、ジャンプを生かしながらレース序盤にトップに躍り出ると、後続を引き離し、独走で再び優勝。両レースを制覇しての完全総合優勝を成し遂げた。

 「事前練習から調子が良く、このまま落ち着いて走れば勝てると思って決勝に臨んだ。1回目は焦らずにラスト10分で勝負を仕掛けて勝てたし、2回目は理想の形で勝つことができた」と振り返った小方選手。「今回のレースで十分勝負できることがわかり、自信になった。今後は、毎戦表彰台にあがって勝てるところは勝って、シリーズチャンピオンを獲りたい」と力強く語った。
 

シャンパンファイトでは表彰台の真ん中で喜びを爆発させた=株式会社カワサキモータースジャパン提供
シャンパンファイトでは表彰台の真ん中で喜びを爆発させた=株式会社カワサキモータースジャパン提供

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク