さがみはら中央区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

「住み良い」街へ、地域見回り 光が丘 社協などが実施

社会

危険箇所を見つける参加者
危険箇所を見つける参加者
 車いす利用者をはじめ誰でも「住みやすい」地域の実現に向けて、光が丘地区で9日、住民らが地域を見回り危険箇所などを確認する活動が行われた。

 光が丘地区社会福祉協議会が主催し「ふれあい交流会」として毎年行われているこの活動。今年は地域住民をはじめ、警察やボランティア、車いす利用者ら113人が参加した。当日は4グループに分かれ、地域の中で植木が生い茂ってしまい歩道が通りにくい箇所や、古くなり見えづらくなった標識などを一つひとつ参加者が写真に収め、記録していった。

 見回りを終えた参加者らはその後、各地域の危険箇所などをまとめた。

同地区社協では今回見つかった危険箇所を市や警察などの所管の組織へ報告し、改善を求めていく。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク