さがみはら中央区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

最新の介護求人事情 区内の福祉施設に聞く

社会

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena

 介護業界の人材不足が叫ばれて久しい。厚生労働省が発表した介護人材の需給推計(2015年)では、団塊の世代が後期高齢者となる2025年を前に、約253万人の労働需要が見込まれる一方、供給の見込みは約215万人。およそ38万人の介護職員が不足する見込みとなる。

 介護保険制度が施行された2000年以降、介護職員の数自体は年々増加している。だが要介護者も大幅に増えており、職員の数が追い付いていない状況だ。国も対策に乗り出す中で、市内各施設の求人事情について担当者に話を聞いた。

「利用者を思う心あれば」

 市内で高齢者施設を複数展開する社会福祉法人では、「募集をしてもなかなか集まらないのが本音。ここ2〜3年で特に応募が少なくなってきている」と内情を打ち明ける。市内でグループホームなどを運営する企業は「紹介、派遣、各種媒体などを駆使して求人を呼びかけている。求人広告会社の説明会にブースを設置させてもらっているが、話がまとまらないことが多い」と話す。

 同法人によると、横浜や川崎など他の政令市では派遣社員を採用する施設も多くなっており、また外国人雇用の受け入れについても積極的に行っていく必要性があると話す。加えて、未経験の人の応募が増えており、働きながらキャリアアップを積んでいくケースも目立つという。

 各施設では採用について「介護経験のない人には管理運営の道を提示する用意もあるので頑張ってほしい」「技術云々でなく、利用者を思う優しい心があれば良いと思う」と話している。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク