さがみはら中央区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

国際ロータリー2780地区 02年以来、市内で地区大会 1400人集結 親睦深める

社会

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena
募金を呼びかけるジュディオングさん(左)と大谷ガバナー
募金を呼びかけるジュディオングさん(左)と大谷ガバナー

 横浜、川崎を除く神奈川県内のロータリークラブが所属する「国際ロータリー第2780地区」(大谷新一郎ガバナー)の地区大会が、17日・18日の両日、相模大野駅周辺で開催された。相模原市で地区大会が開かれたのは2002年以来15年ぶり。

 ロータリークラブは、世界規模で社会奉仕活動を行う有志団体。日本国内には34の地区ロータリーがあり、それぞれが年度に1回、地区大会を開催している。

 第2780地区は66クラブおよそ2400人の会員で組織され、今回の地区大会は新年度に入り国内で最も早い開催となった。17日に小田急ホテルセンチュリー相模大野で開かれた会長・幹事会、指導者育成セミナーなどには約350人、18日に相模女子大学グリーンホールで行われた本会議には地区会員、招待学生、来賓など合わせて約1400人が参加。国内34人のガバナーのうち22人が結集し、互いの活動を報告しあいながら親睦を深めた。

ジュディさんも講演

 本会議には黒岩祐治県知事や加山俊夫市長も来場。祝辞を送るとともに、ロータリーの活動に対して謝辞を述べた。記念講演では、歌手・女優として活躍し、ポリオ撲滅大使でもあるジュディオングさんが登壇。大ヒット曲「魅せられて」の裏話など、ユーモアを交えながら講演した。また介助犬の普及や、あと一歩に迫っている世界におけるポリオ撲滅についても、力強く訴えた。講演後は会場内でポリオ撲滅のための寄付を呼びかけ、約38万円の募金が寄せられた。その後、南区在住の能楽師・松山隆雄氏による能も披露され、好評を博していた。

 大谷ガバナーは「会員の皆さんの熱気を感じて、奉仕の実践に向けた決意を新たにすることができた。最重要目標である会員増強・会員維持に向けても、旗手になる覚悟でまい進していきたい」と話していた。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク