さがみはら中央区版 掲載号:2017年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

相原高校橋本公民館 連携協定で地域発展図る 市内で初めての試み

社会

協定を交わした江原校長(左)と田中館長=6日、緑区橋本
協定を交わした江原校長(左)と田中館長=6日、緑区橋本
 相互協力による人材育成や地域社会の発展推進を目的に、県立相原高校(緑区・江原洋一校長)と橋本公民館(田中勝年館長)は6日、同公民館で包括連携協定を締結した。公民館と高校の間で同様の協定を結ぶのは、市内初の試み。今後、高校生と地域住民が互いの得意分野を教え合うなど連携し、地域の発展を図る。

 橋本公民館と相原高校では公民館事業の中で、同校が飼育している雌牛の乳搾りや酒まんじゅうづくり体験など、相互の連携を積み重ねてきた経緯がある。今回、その協力関係をより強化・発展させ、地域活性化や人材育成を図っていくため、連携の基盤となる協定の締結に至った。今までは単発的な連携だったため、相手側に要望を伝えて実施に至るまでに時間がかかることもあったが、協定を結ぶことで窓口が明確になり、進行がスムーズになると期待されている。

知識を高め合う

 連携・協力の内容としては、「教育・文化・芸術・産業」「人材育成」「地域の活性化」に関することなどを協働で取組むとする。具体的に想定されるケースとして田中館長は「英会話や古文・漢文、家庭菜園などを公民館利用者が高校生や先生にご指導いただく。反対に、公民館を利用するサークルの指導者や受講者が高校の部活動を指導することも考えられるのでは」と話した。

 江原校長は「生徒が先生役になることで、自分たちが学んだ知識を活用する場面につながる」と取組みの利点を述べ、「本校は農業科と商業科が併置されており、農場もある。牛や豚が生まれる瞬間を地域の人にお見せするといったような、本校ならではの企画も発信していきたい」と期待を膨らませた。

介護スタッフ募集中

県内146施設を展開中の当社で働きませんか

https://jala.co.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

コース決定、市内走行へ

東京五輪ロードレース

コース決定、市内走行へ

8月23日号

「観客の喜びがやりがい」

相模煙火店出頭さん夫妻

「観客の喜びがやりがい」

8月23日号

市、職員派遣し災害支援

西日本豪雨被害

市、職員派遣し災害支援

8月16日号

市の正答率、平均を下回る

全国学力テスト

市の正答率、平均を下回る

8月16日号

市民とも交流、友好深まる

ブラジル選手団来相

市民とも交流、友好深まる

8月9日号

山を愛して半世紀

緑区佐野川在住小池さん

山を愛して半世紀

8月9日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク