さがみはら中央区版 掲載号:2017年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

“賃貸改革” "淵野辺愛"が生んだ入居者サービス オーナーの悩み「空室率」も改善 入居者向け食堂「トーコーキッチン」

 全国で空室増加が問題となっている賃貸物件―。そのままでは賃貸経営が厳しい為に、オーナーは家賃を下げるか、物件価値をあげる為の建物の改修を行うのが一般的だが、いずれの場合も負担は大きい。そうした中で、淵野辺で40年続く(有)東郊住宅社が運営する「入居者向け食堂」が革新的取組として今メディアで話題を集めている。不動産会社の企業努力によって入居促進を図り、物件価値を高める取組「トーコーキッチン」とは。

時代のニーズに合わせ「入居者」と「オーナー」双方にメリット

 「トーコーキッチン」は同社が淵野辺エリアで管理する1600室の賃貸物件入居者に向けたサービスの一環として、年中無休で自社運営されている食堂。ワンコインで食べられる手作りの健康食の味が評判だ。ドアには鍵がかかっており、利用できるのはカードキーを持った入居者と同社の関係者及びその同行者。食材には地場産食材や商店街のものを積極的に採用しており、ランチタイム時には、淵野辺周辺の学生や会社員などが集う地域の「交流の場」としても機能している。

地域の不動産屋として

 「私自身も一日に2〜3回は食堂を訪れて、皆さんとの会話を楽しませていただいています」と話すのは、同社の池田峰代表。構想については「街の不動産屋として、入居者や地域の人たちと『顔の見える関係』でいるための場所が欲しかった」と理由を挙げるが、少子化に不景気、高齢者の一人暮らしが増加する現代で、物件のアクセスや設備でない「生活に寄り添ったサービス」は人々の心を掴んだ。TV取材などメディアでの露出も増えているが、池田代表は「地域の人たちに喜んでいただいているので、それが何より嬉しい」とし、「お陰様で全国からお問合わせをいただき、空室不足が続いています。この取組をきっかけに当社を知っていただき、少しでもお困り事の力になれれば」と話す。

空室募集セミナー

 11月4日(土)には新規オーナー募集のための「空室募集セミナー」をプロミティふちのべで開催。トーコーキッチンの仕組みや反響紹介のほか、今春、同社へと管理替えを実行した現役オーナーも登壇する。「管理替え以前/以後の経営状態を実際の数字を使って分析・解説するという稀有な機会です。ぜひご参加ください」と池田代表。参加予約・申込みは下記まで。
 

淵野辺生まれ淵野辺育ちの池田峰代表
淵野辺生まれ淵野辺育ちの池田峰代表

東郊住宅社

相模原市中央区共和1-3-43

TEL:042-756-8282

http://www.fuchinobe-chintai.jp/

介護スタッフ募集中

県内146施設を展開中の当社で働きませんか

https://jala.co.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6件

県内で146の「介護事業所」運営

日本アメニティライフ協会 介護事業所運営

県内で146の「介護事業所」運営

8月23日号

「老人ホームではない」住まい方

新シニアへ贈る 人生100年時代の終の棲家 シニア向け分譲マンション

「老人ホームではない」住まい方

8月23日号

見守り付き高齢者アパート・エクシオ上つるま

"全国初の方式"で運営

8月23日号

働きながらの育児を支援

特別養護老人ホーム「大野台幸園」 企業内保育

働きながらの育児を支援

8月23日号

多世代が暮らす安らぎ空間

桜美林ガーデンヒルズ サービス付高齢者向け住宅

多世代が暮らす安らぎ空間

8月23日号

入居者と家族に「寄り添う介護」

(資)白ゆり 「あんず」「勢水」「田名新宿住宅」 住宅型有料老人ホーム

入居者と家族に「寄り添う介護」

8月23日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク