さがみはら中央区版 掲載号:2017年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

「オレンジの輪」広がって 和泉短大生ら駅で訴え

文化

(上)歩行者にオレンジリボンを手渡す和泉短大生(下)SC相模原のガミティも参加=9日、橋本駅
(上)歩行者にオレンジリボンを手渡す和泉短大生(下)SC相模原のガミティも参加=9日、橋本駅
 11月の児童虐待防止推進月間に合わせ9日、市や関係団体、ホームタウンチーム、和泉短期大学の学生らが参加し、橋本駅ペデストリアンデッキでオレンジリボンの街頭配布を行った。

 同取組みは、2004年に栃木県で発生した児童虐待事件を契機とする「オレンジリボン運動」の一環で、毎年市内の各駅で行われている。当日はこの運動に賛同する参加者が、和泉短大生手作りの2000個のオレンジリボンを配布。駅の利用者らに「今月は防止月間です」と声を掛けながら児童虐待防止を訴えた。

 有志として参加した同大の原亮さん(2年)は「児童虐待のニュースを見るたびに悲しい思いになる。子どもたちの変わった様子を見たら、些細なことでもいいので声を上げることが大切だと思う」と話した。同取組みは13日、相模大野駅でも同様に実施された。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク