さがみはら中央区版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

ふれあい科学館 幸運呼ぶ「黄金ナマズ」人気 新春特別展示を開催中

社会

世にも珍しい黄金色のナマズ=6日、同館
世にも珍しい黄金色のナマズ=6日、同館
 相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら(水郷田名1の5の1)で昨年末から「黄金ナマズ」が展示され、話題を呼んでいる。 岐阜県の川で発見され、同館の系列館からやってきたこのナマズは「アルビノ個体」と呼ばれる。通常のナマズが持つ黒色素胞に含まれるメラニン色素が突然変異により少なくなったため、全身が黄色くなったと考えられている。世にも珍しい黄金色のナマズは、正月にちなみ門松などをあしらった特別水槽で「縁起物」として展示されており、来館者からの注目を集めている。

 「黄金ナマズ」の展示期間は1月28日(日)までの予定。その他、今年の干支にちなみ、エサを探す姿が地面を嗅ぎながら歩く犬に似ているといわれる「イヌザメ」や、「チンアナゴ」(狆(ちん)=和名)に加え、的祭に見立てた「テッポウウオ」の特別水槽なども展示中。開館時は午前9時30分から午後4時30分。月曜休館(祝日の場合は開館)。問合せは同館【電話】042・762・2110へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

芭蕉、一茶と漫画

芭蕉、一茶と漫画

誠文堂で「秋竜山展」

4月16日~4月28日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク