さがみはら中央区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた 牧野 鉄平さん 弥栄中3年 15歳

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

高校日本一へ 飛躍期す

 ○…ノジマ相模原ライズのジュニアクラブと川崎のクラブとの合同チームで主将を務め、選手権を制し初の日本一の座をつかんだ。「(試合が)終わった時はホッとした」と振り返り、スタンドの大歓声で勝利を実感。チームメイトと泣いて喜びを分かち合った。主将には推される形で就き、チームの先頭に立つ不安を抱えながらも、持ち前の明るさでまとめ上げた。勝利後に流した涙は重圧からの解放を示すものでもあった。

 ○…アメフトに夢中になったのは、小学校1年時に参加したライズのフラッグフットボール(アメフトを簡略化した競技)体験会がきっかけ。「全員の力が発揮できたときに結果に結びつく」といったチームスポーツとしての色濃い部分に惹かれた。ライズのジュニアクラブには6年間在籍。中学進学時に別の選択肢も探ったが、6年時に関東大会の決勝で敗れたことが心残りとなり、「中学でてっぺんを取りたい」と継続を決心。柔道部に所属しながら、コーチから評される「我慢強さ」でチームを力強くけん引してきた。

 ○…家族も皆アメフト好き。妹はライズのチアに所属し、父とは試合を観ながらプレーについて話し合う。好きなアーティストはmiwaやWANIMA。試合前に曲を聴きテンションを上げる。得意教科は英語。英語教師の母の影響で、時々母と英会話を楽しむことも。将来は英語を生かす職業を考えており、教師も数ある夢の中の一つに挙げる。

 ○…高校に進学してもアメフトは続ける考え。次なる目標は「クリスマスボウル」。高校日本一を決める一戦で勝つことだ。高校ではケガの無いよう柔軟性をさらに磨くのはもちろん、勉強もおろそかにせず文武両道を貫く。そして、いずれはライズに入団し日本一になるのが一番の目標だ。「3年間支えてくれた両親、コーチに感謝して、高校でも自分らしく頑張りたい」。「我慢強さ」と向上心で、さらなる夢を追いかける。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

南 篤史さん

相模原市青年工業経営研究会(青工研)の2022年度会長を務める

南 篤史さん

小山在住 41歳

5月26日号

北川 智子さん

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙教育センター長に4月1日付で就任した

北川 智子さん

淵野辺在住 42歳

5月19日号

西 康夫さん

「相模原のカザグルマを守る会」の会長を務める

西 康夫さん

緑区下九沢在住 69歳

5月12日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

緑区中野在住 50歳

5月5日号

福田 悠(ゆう)さん

今シーズンからSC相模原のスタジアムMCを務める

福田 悠(ゆう)さん

南区出身 36歳

4月28日号

今野 紀代美さん

市民団体「相模原をプロデュースする会」の会長を務める

今野 紀代美さん

由野台在住 60歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook