さがみはら中央区版 掲載号:2018年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

「夜間には反射材を」 相模原署、安協が呼びかけ

社会

反射材の着用を呼びかける相模原署員と交通安全協会のメンバー=2月22日、コーナン相模原店
反射材の着用を呼びかける相模原署員と交通安全協会のメンバー=2月22日、コーナン相模原店
 区内の交通死亡事故を一件でも減らそうと、相模原警察署と交通安全協会では、市民へ反射材の着用を呼びかけている。

 相模原警察署によると、県下では夕暮れ時に横断歩道でない道路を横断する歩行者が自動車事故にあうケースが増えており、区内においても昨年横山で同様の理由で高齢者の交通死亡事故が発生したという。

 両者ではそのような事故を防ぐため、2月22日にコーナン相模原店で「反射材」の着用を呼びかける啓発キャンペーンを実施。通行人に反射材を配布し、事故への注意を促した。

 相模原署交通安全課の担当者は「着用した反射材が少し光るだけでもドライバーからの見え方は全く違う。身体でなくバッグなど身の回りの物でいいので高齢の方に限らず反射材を着用してほしい」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク