さがみはら中央区版 掲載号:2018年3月22日号
  • LINE
  • hatena

桜色の春、到来 相模原公園で順次見頃

社会

ほぼ満開を迎えた「タマナワザクラ」=17日、相模原公園
ほぼ満開を迎えた「タマナワザクラ」=17日、相模原公園
 相模原にも本格的な春の訪れ―。

 県立相模原公園(南区下溝)では、様々な種類の桜の花が順次、見頃を迎えている。現在は、淡い紅色の花を下向きに咲かせるのが特徴の「オカメザクラ」や南足柄市生まれの桜で「足柄桜」とも呼ばれる「ハルメキ」、県立フラワーセンター大船植物園で「ソメイヨシノ」から得た種子をもとに育成された「タマナワザクラ」がほぼ満開。公園に訪れた人々の目を楽しませている。

 今後も同園では、至る所で「ソメイヨシノ」をはじめとする、それぞれに特徴のある桜の花が次々と開花していく見通し(3月17日取材時点)。

 詳細および問合せは、同園管理事務所【電話】042・778・1653または同園ホームページを参照。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク