さがみはら中央区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した 杉山 愛莉さん 横須賀市在住 22歳

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena

「完全燃焼」で次の舞台へ

 ○…「これだけ長い期間制作にあてられるのは一生のうちこれが最後、くらいの気持ちで臨んだ。自分のために、好きなものを思いきり作りました」。本格的に制作に着手した昨年6月から今年1月、提出期限直前まで生み出された総勢41体の猫たち。卒業制作「大猫行列」が第2回ギオン相模原大賞と卒業制作賞を受賞し、「このような評価をいただけるとは」と顔をほころばせた。

 ○…群馬県生まれの横須賀育ち。授業で虎のお面を作った小学生の頃から美術に関心があったが、その後は吹奏楽に打ち込んだことで美術部に籍を置いたのは高校2年から。「遅れを取り戻すべく、どうしても出展したかった」県高校美術展で、初めて作った立体作品が入賞。木の棒でできた芯に新聞紙と粘土を重ねて作った羊が「造形の楽しさ」に目覚めさせた。女子美術大学への進学を希望した決め手は、様々な素材に触れられる点に加え、のどかな相模原キャンパスの環境。「自由にのびのび制作できて、居心地よさそう」と、一目ぼれだったという。

 ○…人ごみが苦手で、自然や動物を愛する。癒しは「緑」と「猫」。雨天の取材当日に持っていた傘には山がプリントされており、「森林浴が疑似体験できる」と目を細めた。自宅で飼うアメリカンショートヘアの「旬(しゅん)」については「家族全員で甘やかしています。デレデレですね」

 ○…「大猫行列」は江戸・妖怪といった自身の好きな世界観を猫で表現した、これまでの集大成。「完成した喜びより、燃え尽きた感が勝った」という作品は、2月に行われた東京五美術大学連合卒業・修了制作展で大きな注目を浴びた。「SNSで実名が拡散されて、最初は怖かった。でも徐々に、それだけたくさんの人に見てもらえたんだと実感しました」。今後はペット関連の企業でデザインにも従事する。「動物に関わる仕事で、自分にできることを」と優しい眼差しで話した。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

南区在住 75歳

10月28日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

南橋本在住 46歳

10月21日号

郡家 光英さん

西門商店街でコスプレイベントを開催する

郡家 光英さん

東京都在住 30歳

10月14日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月7日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

9月30日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook