さがみはら中央区版 掲載号:2018年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

落書き行為の防止に 塗装協同組合ら、絵画展示

社会

絵画と並ぶ塗装協同組合のメンバーら
絵画と並ぶ塗装協同組合のメンバーら
 市内における落書き行為の防止を目的に、市立鶴の台小学校(南区)の2年、4年、5年、6年生が製作した絵画を「鶴の台立体」に設置する取組が3月22日に行われた。これは協働事業提案制度事業として実施されたもので、相模原塗装協同組合、相模原市、特定非営利活動法人きこりが主催。

 展示された絵画は縦約1・2m×横1・7mの大きさで、「ひまわり」や「もみじ」などの花を、生徒たちが「手形」を使って鮮やかに描いたもの。相模原塗装協同組合がその絵をシートに加工し、塗装し直した立体内の壁に張り付けた。同組合の原田勝理事長は「児童たちが街の美化に携わったと誇らしく思ってもらえれば」と話していた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク