さがみはら中央区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

公募写真コンテスト「第24回酒田市土門拳文化賞」で奨励賞を受賞した 平野 君子さん 緑区元橋本町在住 76歳

「輝く命を伝えたかった」

 ○…一昨年、緑区で起きた悲惨な事件。一命はとりとめたものの施設には介助員時代の生徒もおり、彼らの心情を察するといたたまれなかった。そんなある日、偶然再会した教え子が知的障害者の水泳グループで練習に励んでいると聞く。いてもたってもいられず、水とふれあう姿を半年間撮り続けた。「彼らが生き生きと頑張る姿を見せてくれたから」と受賞を謙虚に受け止める一方「命の大切さを世に伝えたかった」と語気を強める。

 ○…桶屋、篩屋、金物屋と個人商店が立ち並ぶ橋本仲町の大山街道で下駄屋の次女として出生。「物が無くみんな貧しかった。でも仲が良く心は豊かだった」と戦中戦後の幼少を偲ぶ。都立高から東芝府中工場に入社し実業団女子バレーボール部で主将としてチームを牽引。書記(秘書)を務めた故・渡里杉一郎氏(元東芝社長)の「置かれた場所を大事に。時間を無駄にしない」の教えは、どこを訪れても被写体の魅力を見出そうとする自身のスタンスに通ずる。

 ○…24歳で結婚を機に退職。子育ての区切りで橋本に戻ると、重い障害のある子を前向きに育てる知人の影響もあり、特別支援学級の介助員としての道を決意。障害児を育てともに過ごした25年間に、「優しい心や人を疑わない純真さなど、多くのことを教えてもらった」としみじみ語る。

 ○…定年後、教え子の行事でよくカメラにふれたことを思い出しキヤノンの教室に通う。その後は人物や祭り、自然へと心の赴くままにレンズを向け国内外で受賞を重ねた。自由を見守ってくれる夫には「感謝でいっぱい」。我が子は先日、金婚式を祝ってくれた。3月に「集大成」とする写真集を発売。今後は障害のある子らとともに故郷相模原を写真に残すための教室を作るのが夢だ。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

土佐 誠さん

このほど三菱重工相模原ダイナボアーズのキャプテンに就任した

土佐 誠さん

7月12日号

榎本 はついさん

文部科学大臣表彰を受賞した読み聞かせの会「あいの会」を立ち上げた

榎本 はついさん

7月5日号

松田 善彦さん

相模湖交流センターの館長に新しく就任した

松田 善彦さん

6月28日号

高橋 孝子さん

内閣総理大臣表彰を受賞した「NPO法人 相模原こもれび」の理事長を務める

高橋 孝子さん

6月21日号

池田 晴彦さん

6月で発足2年を迎えた相模原柴胡の会の代表を務める

池田 晴彦さん

6月14日号

浅沼 一也さん

進行性の難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)発症後、子どもへの支援活動を行う

浅沼 一也さん

6月7日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク