さがみはら中央区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

緊張に打ち勝ち全国制覇 ボクシング 波多野(はたの)陽(はる)くん

スポーツ

メダルを手に笑顔を見せる波多野くん=5日
メダルを手に笑顔を見せる波多野くん=5日
 日本ボクシング連盟が主催する「全日本UJ(アンダージュニア)ボクシング大会」が3月24日に宮崎県で行われ、上溝中学校1年生の波多野陽くんが34kg級で優勝した。

 「体重を量る時から緊張していた」という波多野くん。対戦相手の体つきに、「勝てるかな」と一抹の不安がよぎるも、終わってみればプロでいうTKO勝ち。半年ほど前に始まった県予選、関東大会を勝ち抜いての全国制覇を成し遂げた。

 波多野くんがボクシングを始めたのは、約2年前。プロボクサーだった父親の勧めで、サッカーボールを追いかける日々からサンドバックと向き合う毎日へと転向した。朝は父親と弟とともにランニングで汗を流し、放課後は都内の白井・具志堅スポーツジム(杉並区)やコサカボクシングジム(町田市)へ。具志堅ジムでは、WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾選手をはじめとする名立たるプロボクサーたちの間近で練習に打ち込んでいるという。

 ボクシングの魅力について「試合で勝った時の達成感」と笑顔を見せた波多野くん。再び4月15日から始まる全国チャンピオンをめざす大会では、学年に関係なく、同じ体重でも技術やパワーを備えた年上の選手たちと闘わなければならない。それでも「次の大会も優勝したい」と意気込みを見せる波多野くんの夢はオリンピック出場を経ての世界チャンピオン。相模原の新たな星になれるか。今後の活躍に期待がかかる。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク