さがみはら中央区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

1日のごほうびに“肉” 「“肉”は“筋肉”の素材になる」

スポーツ

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
筋肉と肉の関係について語ってくれた大森さん(右)とスタッフ
筋肉と肉の関係について語ってくれた大森さん(右)とスタッフ

 中高年のメタボが社会問題化したこともあってか、「ヘルシー」や「カロリーオフ」、「糖質制限」といった言葉が広がる現代社会において、嫌煙され、肩身の狭い思いをすることが多くなった「肉」。しかし肉は、人間の体をつくり、動かす上で重要な役割を果たしている「筋肉」を語る上では外すことはできないだろう。

 そこで今回は、「筋肉」と「肉」の関係について、小田急相模原駅そばのサウザンロード相模台商店街でスポーツジム「SOS T―Lab」を営む大森大さんに話を聞いた。

 大森さんは、「筋肉」と「肉」の関係を語る前提として、糖質=ご飯をある程度食べることをすすめている。最近はご飯を抜き、肉だけを食べる人が増えているが、糖質はいわばガソリン。エネルギーとなる糖質がなければ、体を良く動かすことができなくなり、筋肉を動かすこともできなくなってしまう。モデルやボディビルダー、アスリートをめざす場合を除き、適度にご飯をたべることで糖質を摂取することがまず重要だと大森さんは話す。

 その上で、肉は筋肉の素材となるたんぱく質であるため、トレーニングをした後に傷めつけた筋肉を回復させ、さらに大きくするために積極的に食べることをすすめる。大森さんのジムでトレーニングに取り組む人の食生活を覗いてみると、肉が足りていないことが多々あるという。また、いわゆる「筋トレ」をしていない一般の人でも、筋肉は日々動き、疲労しているため、疲労回復を促すためにも肉はしっかり食べたほうが良いという。

 ただ、注意しなくてはならないのは、肉=たんぱく質は消化に時間がかかる。そのため、肉を食べてから運動をすると、胃に全身の血液が集まっている間にトレーニングをすることになるため、鍛えようとする筋肉に効率良く血液がいかなくなってしまう。肉は、運動後に、筋肉を補充するイメージで食べると良いということだ。「筋トレをしている人もそうでない人も『今日1日頑張った』という時に、ごほうび感覚で肉を食べると良いと思います。そうすると、体だけでなく、気持ちも元気になるはずです」

 「筋肉」と「肉」の幸せな関係。皆さんもつくりませんか。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

防災用品寄付で感謝状

SDGsパートナー3者

防災用品寄付で感謝状 社会

市まち・みどり公社から

1月27日号

地域巡って「フレイル」防ぐ

地域巡って「フレイル」防ぐ 文化

小山でクイズラリー開催

1月27日号

道下選手講演会 中止に

中央自治連がコンサート

中央自治連がコンサート 文化

富士見小児童の歌発表も

1月27日号

プロの芸術作品を間近で

プロの芸術作品を間近で 文化

相模原市民ギャラリー

1月27日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月27日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook