さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

災害時協力で協定 市と水谷トラスト

社会

 アパホテル相模原古淵駅前を運営する水谷トラスト株式会社(水谷好男社長)と市は4月24日、災害時において、同社のホテルを一時滞在施設として開放する協力協定を締結した。

 大規模地震などの災害時、公共交通機関が停止し帰宅困難者が発生した場合に備え、市は一時滞在施設の確保を進めている。現在、公共施設と民間施設を併せ一時滞在施設は市内で15箇所。今回の両者の締結により、同社は災害時に市民らへホテルを開放し、水道水やトイレの提供も行う。

 加山俊夫市長は締結の場で「災害時、自治体だけでは対応に限界があり、民間の方々の協力が不可欠。大変心強く、これを機に連携をさらに深めたい」とし、同社の水谷社長は「ホテルを運営する会社として何かできないかと考えていた。できる限り災害対策の一助に努めたい」と話した。

 なお古淵駅周辺における一時滞在施設の指定は、ブックオフコーポレーションの研修施設に次いで2例目となった。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

時代に思いを馳せ

時代に思いを馳せ

スペース游で作品展

5月16日~5月27日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク