さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

探査機はやぶさ2 小惑星到着へ 市挙げ応援 予定は6月下旬 催事続々

社会

 小惑星探査機「はやぶさ」の後継機として2014年に打ち上げられ、現在航行を続ける「はやぶさ2」が6月下旬から7月上旬にかけ、目的地の小惑星リュウグウに到着する見通しとなった。それを受け、はやぶさ2に関するJAXA主催のイベントが実施される中、相模原市も今回のミッションの重要性を広く伝え、小惑星到着を盛り上げようと、様々な企画を展開予定。市民一丸で、リュウグウ到着を後押ししたい考えだ。

 はやぶさ2のミッションは、C型(水・有機物を含む物質があると推定)小惑星リュウグウの探査および、試料を採取して持ち去るサンプルリターンを行い、太陽系での鉱物や水、有機物の相互作用を解明することで地球・海・生命の起源・進化に迫るのが目的だ。加えて、はやぶさで実証した深宇宙往復探査技術をさらに発展させることで、宇宙研究での同分野で世界をリードするねらいもある。

 はやぶさ2とリュウグウとの距離は5月7日時点で約10万Km。順調に進めば、到着予定日は6月21日から7月5日になる見込みだ。ミッション成功率の向上をめざし、運用シミュレーション訓練も行われており、リュウグウへの速やかな到着、着陸などを主眼に進められている。

 これまでJAXAでは、はやぶさ2のミッションを地元住民に広く理解してもらおうと、同機をテーマにしたトークライブを計14回開催。4月28日は、同プロジェクトのプロジェクトマネージャ・津田雄一氏が市民向けにミッションの最新状況について講演するなど機運醸成を図るイベントを行っている。

川口氏・片山氏の対談も

 こうした中、市もはやぶさ2の応援を掲げ、様々な企画を展開。6月12・13日には、市がはやぶさの帰還を称えて制定した6月13日の「はやぶさの日」に合わせ、市内小中学校ではやぶさ給食を行うほか、16日ははやぶさプロジェクトマネージャの川口淳一郎氏と元F1レーサーの片山右京氏が、はやぶさ2の近況をテーマに対談を実施する。ほかにもJAXAの管制室に応援メッセージを送る企画なども予定。市民一丸となって、はやぶさ2のミッションを後押しするイベントが目白押しだ。市の担当課では「イベントを通じ、市を挙げてはやぶさ2の航行を応援していきたい」と意気込みを見せる。

 津田プロジェクトマネージャは本紙の取材に対し、「まもなく小惑星リュウグウにはやぶさ2が到着します。皆さん、一緒に第一発見者になりましょう」と市民にメッセージを送った。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

芸術道具の供養塚を建立

県内の芸道者

芸術道具の供養塚を建立

5月17日号

防災・安全施策に注力

中央区長インタビュー

防災・安全施策に注力

5月17日号

担い手不足解消を

(仮称)介護人材センター

担い手不足解消を

5月10日号

県内初の同日試合

SC相模原 ノジマステラ

県内初の同日試合

5月3日号

「切れ目のない支援」へ全力

市こども若者未来局

「切れ目のない支援」へ全力

5月3日号

来春、相模原で世界大会

水泳飛込み競技

来春、相模原で世界大会

4月26日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

時代に思いを馳せ

時代に思いを馳せ

スペース游で作品展

5月16日~5月27日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク