さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

上中生徒 茶摘み体験 約70年続く伝統行事

教育

声を掛け合いながら広い茶畑で一芯三葉摘みをする生徒ら=12日、上溝中学校
声を掛け合いながら広い茶畑で一芯三葉摘みをする生徒ら=12日、上溝中学校
 上溝中学校(郡司孝明校長)で70年近く続く茶摘み体験が12日、同校敷地内茶畑で行われた。

 当日は、全校生徒約800人とその保護者や近隣住民、上溝南高の茶道部などが参加し、晴天のもと賑やかな様子で茶摘みに励んだ。

 生徒らが摘んだ茶は製茶した上で販売され、売上金は日本赤十字社を通して東日本大震災の義援金として寄付される。福祉施設への寄贈や試飲会も計画されている。

 準備を進めた同校環境委員の鈴木稜士(たかと)さん(3年)は茶摘み体験を終え、「上中でしかできない貴重な体験なので、これからも続けてほしい」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

時代に思いを馳せ

時代に思いを馳せ

スペース游で作品展

5月16日~5月27日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク