さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

県内の芸道者 芸術道具の供養塚を建立 寸沢嵐の寺院境内に

文化

除幕式に参加した、建立に携わった関係者=5月12日、伯凰院
除幕式に参加した、建立に携わった関係者=5月12日、伯凰院
 書道や茶道、華道、舞踊などの芸道の修練に使用して、傷んだり壊れたりした道具を供養するための「供養塚」が、寸沢嵐にある日蓮宗寺院・伯凰院(佐藤玄宗住職)に建立された。5月12日に建立除幕式が行われ、関係者約30人が持ち寄った古道具を火の中に投じて、感謝の思いを込めて焚き上げた。

 供養塚は、主に県内を拠点に活動する書道家や華道家、茶道家ら23人が発起人となって建てられた。高さは台座部分を含めて約2m。石碑には真鶴町で採掘された本小松石、台座には群馬県の三波石が使われている。

 発起人の一人で、建立を主だって進めた茅ヶ崎市書道協会会長の松永光鳳さんら書家たちの談話の中で、自分たちが向学のために使ってきた筆を供養する筆塚を建てようという話が持ち上がった。

 日本には書道以外にも様々な芸道があるため、「筆に限らず芸術全体を通して道具を大切に」という趣旨から、様々な分野の道具を供養できる碑の建立を計画。昨夏頃から寄付を募ってきた。石は神奈川県民書連会長で、造園業を営む石井泰山さんが寄贈。厚木書道協会の会員で、書を通じてつながりがあった同寺の佐藤住職が境内の一部を建立地として提供した。

「一つひとつに魂」

 5月12日に行われた除幕式には発起人ら関係者約30人が参加。碑文を揮毫した松永さんが「日本の芸術文化がこれからも発展するよう、道具を供養して明日からまた芸道に励みたい」と述べた。その後、佐藤住職が護摩壇の前で経を読み、参加者が一人ずつ焼香をして、持ち寄った筆や茶筅、扇子などを焚き上げた。佐藤住職は、「道具には一つひとつに気持ち、魂が入るもの。大事にしなければいけない」と芸道に臨む心構えを説いた。

 今後、毎年5月に同寺で焚き上げ式を行う予定。供養したい道具があれば随時、無料で受付ける。宗派などは不問だが人形や位牌、仏壇、仏具などの供養は不可。松永さんは「鉛筆1本でも道具に感謝して供養をしてもらえれば」と話している。

 問合せは同寺【電話】042・685・1390へ。

伯凰院の敷地内に建立された供養塚
伯凰院の敷地内に建立された供養塚

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

防災・安全施策に注力

中央区長インタビュー

防災・安全施策に注力

5月17日号

小惑星到着へ 市挙げ応援

探査機はやぶさ2

小惑星到着へ 市挙げ応援

5月10日号

担い手不足解消を

(仮称)介護人材センター

担い手不足解消を

5月10日号

県内初の同日試合

SC相模原 ノジマステラ

県内初の同日試合

5月3日号

「切れ目のない支援」へ全力

市こども若者未来局

「切れ目のない支援」へ全力

5月3日号

来春、相模原で世界大会

水泳飛込み競技

来春、相模原で世界大会

4月26日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

時代に思いを馳せ

時代に思いを馳せ

スペース游で作品展

5月16日~5月27日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク