さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

県内の芸道者 芸術道具の供養塚を建立 寸沢嵐の寺院境内に

文化

除幕式に参加した、建立に携わった関係者=5月12日、伯凰院
除幕式に参加した、建立に携わった関係者=5月12日、伯凰院
 書道や茶道、華道、舞踊などの芸道の修練に使用して、傷んだり壊れたりした道具を供養するための「供養塚」が、寸沢嵐にある日蓮宗寺院・伯凰院(佐藤玄宗住職)に建立された。5月12日に建立除幕式が行われ、関係者約30人が持ち寄った古道具を火の中に投じて、感謝の思いを込めて焚き上げた。

 供養塚は、主に県内を拠点に活動する書道家や華道家、茶道家ら23人が発起人となって建てられた。高さは台座部分を含めて約2m。石碑には真鶴町で採掘された本小松石、台座には群馬県の三波石が使われている。

 発起人の一人で、建立を主だって進めた茅ヶ崎市書道協会会長の松永光鳳さんら書家たちの談話の中で、自分たちが向学のために使ってきた筆を供養する筆塚を建てようという話が持ち上がった。

 日本には書道以外にも様々な芸道があるため、「筆に限らず芸術全体を通して道具を大切に」という趣旨から、様々な分野の道具を供養できる碑の建立を計画。昨夏頃から寄付を募ってきた。石は神奈川県民書連会長で、造園業を営む石井泰山さんが寄贈。厚木書道協会の会員で、書を通じてつながりがあった同寺の佐藤住職が境内の一部を建立地として提供した。

「一つひとつに魂」

 5月12日に行われた除幕式には発起人ら関係者約30人が参加。碑文を揮毫した松永さんが「日本の芸術文化がこれからも発展するよう、道具を供養して明日からまた芸道に励みたい」と述べた。その後、佐藤住職が護摩壇の前で経を読み、参加者が一人ずつ焼香をして、持ち寄った筆や茶筅、扇子などを焚き上げた。佐藤住職は、「道具には一つひとつに気持ち、魂が入るもの。大事にしなければいけない」と芸道に臨む心構えを説いた。

 今後、毎年5月に同寺で焚き上げ式を行う予定。供養したい道具があれば随時、無料で受付ける。宗派などは不問だが人形や位牌、仏壇、仏具などの供養は不可。松永さんは「鉛筆1本でも道具に感謝して供養をしてもらえれば」と話している。

 問合せは同寺【電話】042・685・1390へ。

伯凰院の敷地内に建立された供養塚
伯凰院の敷地内に建立された供養塚

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

市、職員派遣し災害支援

西日本豪雨被害

市、職員派遣し災害支援

8月16日号

市の正答率、平均を下回る

全国学力テスト

市の正答率、平均を下回る

8月16日号

市民とも交流、友好深まる

ブラジル選手団来相

市民とも交流、友好深まる

8月9日号

山を愛して半世紀

緑区佐野川在住小池さん

山を愛して半世紀

8月9日号

三世代交流で新イベント

東第三自治会

三世代交流で新イベント

8月2日号

ロシアW杯に帯同

トレーナー久保田さん

ロシアW杯に帯同

8月2日号

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク