さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

進化する「3D模型教材」 麻布大博物館で企画展示

文化

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
3Dプリンターで精巧に作られたビーグルの頭蓋骨
3Dプリンターで精巧に作られたビーグルの頭蓋骨

 麻布大学いのちの博物館(淵野辺)では8日から「企画展示 3D模型と獣医学教材」を開催している。期間は8月31日(金)まで。

 今回の企画展では獣医学において特に重要とされる「教材」にスポットをあて、過去に使われていた馬の模型などを展示。それらに加え、模型や実物標本の弱点であった精巧さや生産性、動物を犠牲にしてしまう点を解消できる「3Dプリンター」による動物の骨格や内臓の模型も見ることができる。同大は3Dプリンターを導入しており、授業などで活用されている。

 同博物館の開館は火曜日から土曜日の午前10時から午後4時。入館無料。問合せは同館【電話】042・850・2520へ。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

はやぶさ記念 市民デー開催

市パークゴルフ協会主催

はやぶさ記念 市民デー開催 文化

6月12日 参加費無料

5月26日号

縄文の集落跡を一般公開

縄文の集落跡を一般公開 文化

田名 200人が見学

5月26日号

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年 出身者に聞く

5月26日号

「結果で地元に恩返し」

カヌー齋藤彰太選手

「結果で地元に恩返し」 スポーツ

明治安田生命が支援

5月26日号

神奈川ダービーはドロー

日本酒完成を報告

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook