さがみはら中央区版 エリアトップへ

2018年5月の記事一覧

  • 「日本文化」「和の心」学ぶ

    「日本文化」「和の心」学ぶ 文化

    外国人留学生、呉服店で

     桜美林大学の外国人留学生が4月25日、淵野辺の呉服屋「つるや呉服店」(萩生田康治社長)を訪れ、着物の着付けなど日本文化を体験した。 毎...(続きを読む)

    5月10日号

  • 50周年事業に向け「一枚岩で」

    50周年事業に向け「一枚岩で」 社会

    相模原YEG 第52回総会

     相模原商工会議所青年部(YEG)の第52回通常総会と懇親会が4月25日、産業会館で開かれた。 会員76人のうち、委任を含め47人が出席...(続きを読む)

    5月10日号

  • 地場野菜販売で地域交流

    地場野菜販売で地域交流 社会

    小山地区の新事業

     食を通じ小山地区の活性化を図る「人と食をつなぐプロジェクト」の第1弾として、地元農家の野菜などを販売する「Vegeテラス」が4月24日に総合相模更生病院で行わ...(続きを読む)

    5月10日号

  • 元外交官らに学ぶ

    元外交官らに学ぶ 教育

    5月から「KKCセミナー」

     かぬまだいけやきクリニック(鹿沼台2の18の6)では5月11日(金)と18日(金)、市民向け勉強会「KKCセミナー」を開催する。参加受付中。...(続きを読む)

    5月10日号

  • お得なモニター募集

    お得なモニター募集

    キエーロ(家庭用生ごみ処理器)が3千円

     津久井商工会は、キエーロ(家庭用生ごみ処理器)のお得なモニターを、5月31日(木)まで限定9台で(先着順)募集する。...(続きを読む)

    5月10日号

  • 「気になる」文具大集合

    「気になる」文具大集合 経済

    事務用品組合 15日に催事

     市内の文具店などで構成される相模原事務用品協同組合は5月15日(火)、市立産業会館で最新の文具などを展示する「サガミハラぶんぐ展」を開催する。午後3時から7時...(続きを読む)

    5月10日号

  • 北米ビジネスを学ぶ

    北米ビジネスを学ぶ 経済

    17日 センチュリーで講演会

     カナダなど北米への事業展開について考える「カナダビジネスセミナー」が5月17日(木)にホテルセンチュリー相模大野(南区相模大野3の8の1)で開催される。午前1...(続きを読む)

    5月10日号

  • 大空への憧れ 夢を現実に

    大空への憧れ 夢を現実に

    市内出身のパイロット・高木雄一さん

     遠きアメリカの地で、幼い頃の夢を実現させた相模原市出身のパイロットがいる。現在カリフォルニア州キングシティー在住の高木雄一さん(46)その人だ。...(続きを読む)

    5月10日号

  • 失策響き初戦敗退

    失策響き初戦敗退 スポーツ

    社会人野球 相模原クラブ

     田名の社会人野球チーム「相模原クラブ」(藤田眞三代表)は2日、サーティーフォー相模原球場で全日本クラブ選手権大会神奈川県予選兼都市対抗野球大会神奈川県1次予選...(続きを読む)

    5月10日号

  • かわいい童と動物たち

    かわいい童と動物たち 文化

    誠文堂で陶人形展

     ギャラリー誠文堂(中央3の7の1)では、5月12日(土)まで「ごがつのきみ展」が開催されている。時間は、午前10時から午後6時(土曜は午後1時から午後5時)。...(続きを読む)

    5月10日号

  • 長谷川 明さん

    相模原商工会議所青年部の第25代会長に就任した

    長谷川 明さん

    中央区富士見在住 43歳

    「100年へ」新たな道を照らす ○…創立50周年を迎える年での「武者震いするような」大任。スローガンに掲げた”ROCK”に...(続きを読む)

    5月10日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    5月10日0:00更新

     「なんて日だ」。そんな言葉を叫びたいGWだった。普段なら苦にしない荷物に腰を「ピキッ」。魔法のかかった体はピクリとも動かない。腰だけではない。四肢も頭もだ。文...(続きを読む)

    5月10日号

  • 鉢植え当たる

    鉢植え当たる 社会

    キララ11・12日セール

     ふちのべキララカード会では5月11日(金)・12日(土)の2日間にわたり、「キララカード お母さんありがとうセール」を開催する。 期間...(続きを読む)

    5月10日号

  • (株)永田屋が60万円寄付

    (株)永田屋が60万円寄付 社会

    社会福祉や震災復興支援に

     葬儀社・(株)永田屋(本社・緑区)は4月20日、相模原市と市社会福祉協議会(社協)、大船渡市に総額60万円を寄付した。 同日、田中大輔...(続きを読む)

    5月10日号

  • 担い手不足解消を

    (仮称)介護人材センター

    担い手不足解消を 社会

    市、19年度中の設置めざす

     相模原市は2018年度から20年度までの3年間を計画期間としてこのほど策定した「第7期相模原市高齢者保健福祉計画」の中に「(仮称)介護人材センター」の設置検討...(続きを読む)

    5月10日号

  • 小惑星到着へ 市挙げ応援

    探査機はやぶさ2

    小惑星到着へ 市挙げ応援 社会

    予定は6月下旬 催事続々

     小惑星探査機「はやぶさ」の後継機として2014年に打ち上げられ、現在航行を続ける「はやぶさ2」が6月下旬から7月上旬にかけ、目的地の小惑星リュウグウに到着する...(続きを読む)

    5月10日号

  • 楽しく元気に地域交流

    楽しく元気に地域交流 社会

    「上溝ゆめサロン」

     区内上溝の高齢者福祉施設「コスモスセンター」では、月に1回、「上溝ゆめサロン」が開催されている。 3年前に同地区の地域住民らによって、...(続きを読む)

    5月10日号

  • 水墨・日本画の世界

    水墨・日本画の世界 文化

    市民ギャラリーで作品展

     相模原市民ギャラリーで、5月17日(木)から21日(月)まで「第五回さがみ水墨・日本画協会展」が開催される。午前10時から午後6時(初日は午後2時〜、最終日は...(続きを読む)

    5月10日号

  • 「食」がつなぐ地域の輪

    「食」がつなぐ地域の輪 教育

    市内唯一 特養の「子ども食堂」

     共働き世帯やひとり親家庭の増加による「子どもの貧困」が社会問題となっている昨今。経済的理由などで学習塾に通うことが難しい子どもを対象にした「無料塾」や、無償や...(続きを読む)

    5月3日号

  • 「学ぶ」基点に活動3年目

    「学ぶ」基点に活動3年目 社会

    市内有志団体 活動多岐に

     「学ぶことから始めよう」。そんな思いで有志が集い、市内で子どもへの支援活動を続けるのが「TSUNAGARI UNITED」(遠藤靖明代表)だ。...(続きを読む)

    5月3日号

  • 市内保留児童470人

    市内保留児童470人 社会

    利用申込者数は過去最多

     市はこのほど、今年4月1日時点の市内における保育所等利用待機児童数が83人、希望する保育所等の利用が保留となった児童数、いわゆる保留児童数が470人だったこと...(続きを読む)

    5月3日号

  • 専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

    減らせ「突然死」

    専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

    「医院の枠」を超えた地域医療体制の構築へ

     心筋梗塞や狭心症、不整脈など急性症状から24時間以内に亡くなる「突然死」。原因の多くは高血圧や生活習慣病等とされるが、それらに深く関わるのが血管や心臓などの循...(続きを読む)

    5月3日号

  • 親子で楽しく運動

    親子で楽しく運動 スポーツ

    5日 体育館無料開放

     総合体育館(南区麻溝台2284の1)と北総合体育館(緑区下九沢2368の1)では5月5日(土)に、親子向けのイベントが開催される。 当...(続きを読む)

    5月3日号

  • 地域で支える育児の制度

    地域で支える育児の制度 教育

    相模原市ファミサポ

     地域において育児の手助けを受けたい人(利用会員)と行いたい人(援助会員)を結び付け、相互に援助する「ファミリーサポートセンター事業」。相模原市では2002年度...(続きを読む)

    5月3日号

  • 氷川神社に鯉のぼり

    氷川神社に鯉のぼり 社会

    約40匹に参拝者笑顔

     氷川神社(清新)の鯉のぼりが今、参拝者らの目を楽しませている。 同社で鯉のぼりを掲揚するようになったのは15年前。当時、鯉のぼりを飾る...(続きを読む)

    5月3日号

  • 地元野菜「みなはし」に集結

    地元野菜「みなはし」に集結 社会

    10・24日 恒例の夕市

     新鮮な無農薬野菜が手に入ると人気の「駅前みなはし横丁〜うまいもん夕市〜」が5月10・24日(木)、JR南橋本駅西口で行われる。時間は午後2時から4時。主催は南...(続きを読む)

    5月3日号

  • 中臺(なかだい) 博さん

    こども食堂などに余剰食材を提供する団体「フードコミュニティ」の代表を務める

    中臺(なかだい) 博さん

    南区下溝在住 66歳

    食材でつなぐ優しき想い ○…作りすぎた野菜や果物、賞味期限間近の食品などの提供を呼びかけ、集まった食材を市内で活動するこど...(続きを読む)

    5月3日号

  • 坂井選手の飛込み教室

    坂井選手の飛込み教室 スポーツ

    18日から、グリーンプール

     南区相模大野生まれ、麻布大学附属高校出身で、世界を舞台に活躍する飛込み選手・坂井丞さん(ミキハウス)による「ジュニア初心者飛込教室」が5月18日(金)・19日...(続きを読む)

    5月3日号

  • 「お稚児さん」募集

    「お稚児さん」募集 文化

    亀ヶ池八幡宮

     亀ヶ池八幡宮(上溝/根岸信行宮司)では、7月1日(日)に同宮で行われる「お稚児さん行列」への参加者を募集している。 これからの健やかな...(続きを読む)

    5月3日号

  • 「切れ目のない支援」へ全力

    市こども若者未来局

    「切れ目のない支援」へ全力 社会

    「ひとり親」への施策重点に

     「こどもの日」を前に本紙では、相模原市が昨年新設した「こども・若者未来局」の鈴木英之局長にインタビューを行った。子どもを取り巻く様々な問題が顕在化する中、相模...(続きを読む)

    5月3日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook