さがみはら中央区版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

6月で発足2年を迎えた相模原柴胡の会の代表を務める 池田 晴彦さん 南区御園在住 84歳

サイコを市の「名花」に

 〇…夏になると小さな黄色い花を咲かせ、古来、薬用植物として親しまれてきた「ミシマサイコ」。古くは相模原に数多く自生していたが、現在は絶滅危惧種に指定されている。「相模原と歴史的につながりが深いが、忘れられた花―」。会では、麻溝公園でのミシマサイコの栽培や、啓発イベントの開催などミシマサイコを市民に知ってもらうための活動を続けている。

 〇…幼少期を藤沢市で過ごし、戦時中に母方の親戚が住む新潟に疎開。高校卒業後は大阪の読売新聞社に入社し、約40年勤め上げた。転勤を繰り返す中で「思い出の地である神奈川に戻りたい」と相模原に移住。市が主催する地域活動実践講座を受講したことがきっかけで、初めてミシマサイコの存在や歴史に触れた。相模原がかつては「柴胡が原」と呼ばれていたことや、市内の学校の校歌に「柴胡の花」が登場するなど、相模原とミシマサイコの関わりを知る。ミシマサイコを市の「名花」にし、町の活性化に繋げようと7人の仲間とともに会を発足した。

 〇…高校時代から続ける俳句作りは現在も趣味の一つ。ふとしたときに思い付いては書き留めている。これまでの幾多の経験からフロンティア精神を培い、シルバー人材センターの理事や俳句の会の代表を務めるなど、精力的に活動する日々を送ってきた。昨年10月には病に伏すも、「入院中も活動の事を考えていた。身体が良くなったら新しい事に挑戦したい」。

 〇…麻溝公園での草むしりから始まり、地道に活動を続けてきた2年間。その結果「ミシマサイコのことを知っている人が増えた」と成果を実感している。今後は大学との連携などで若いアイデアを取り込みつつ、会員数を増やしたいと意気込む。そのチャレンジ精神は一切尽きることがない。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

浅沼 一也さん

進行性の難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)発症後、子どもへの支援活動を行う

浅沼 一也さん

6月7日号

武野(むの) 脩(おさむ)さん

「60周年記念 二科神奈川支部展」の公募展で横浜市長賞を受賞した

武野(むの) 脩(おさむ)さん

5月31日号

中山 陸さん

サッカーJ2リーグ・ヴァンフォーレ甲府に来季から入団することが決定した

中山 陸さん

5月24日号

伊倉 良太さん

このほど、ノジマ相模原ライズの新主将に就任した

伊倉 良太さん

5月17日号

長谷川 明さん

相模原商工会議所青年部の第25代会長に就任した

長谷川 明さん

5月10日号

中臺(なかだい) 博さん

こども食堂などに余剰食材を提供する団体「フードコミュニティ」の代表を務める

中臺(なかだい) 博さん

5月3日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク