さがみはら中央区版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • hatena

「束」で東海大相模に健闘 県相・佐相監督「私学と対等に打てる」

スポーツ

 相模原対決となった準々決勝第2試合。詰めかけた多くの高校野球ファンが、9回の表が終わった時点で、高校野球の歴史にいくつものハイライトを残してきた古豪を同じ地元の公立高校が倒す歴史的瞬間を思い描いたのではないだろうか。

 佐相監督率いる県相は、1回戦から善戦していた。秦野曽屋を9対0で零封し、2回戦では幸に6対3で勝利。続く3回戦では希望ヶ丘を10対2で破り、4回戦の向上戦も難なく撃破。序盤は打線がつながらず、ちぐはぐな攻撃をしていたが、試合を重ねるごとに打線をつなげられるようになり、調子を上げていったという。

 迎えた東海大相模戦。初回に5点を奪うと、8回表までは県相がリードを保った。しかし、8回裏、東海大相模の代打に本塁打を打たれ、2点差に詰め寄られる。9回の表を0点で終え、あとは3アウトを取るのみだったが、結果的に8回裏で流れをつかんだ東海大相模が底力を発揮。一気に本塁打を含む3点を返され、惜しくも勝利を目前で逃す形となった。

 佐相監督は今年のチームを、3年生を中心にマネージャーらを含め、抜群のチームワークを発揮していたと振り返る。メンバーから外れた選手たちが対戦相手のスコアブックを集め、データを分析。それらを頼りに、大会に臨み、かなり奏功したという。まさに県相が掲げる「束」で挑んだ夏だった。

 「鍛えれば、私学と対等に打てることはわかった。ただ、やっぱり長打が打てないと勝ちきれない」。今後は、今夏2年生ながらメンバー入りし、活躍した風間龍斗選手、坂手裕太選手を中心に、群雄割拠の神奈川で「公立で甲子園」の実現に向けて、まい進していく。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「力道山が相模原に来た」

「力道山が相模原に来た」

上映会とトークショー

12月15日~12月15日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク