さがみはら中央区版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • hatena

視覚障害者に音届け40年 録音奉仕会 「今後も尽力」

社会

作業室での録音の様子=7月20日、あじさい会館
作業室での録音の様子=7月20日、あじさい会館
 市内で活動する録音奉仕会ひばり(齋藤教子会長)がこのほど創立40周年を迎えた。これにあたり総会と記念式典を開催し、会員らはさらなる躍進を誓った。

 同会は1978年に発足。視覚障害などで文字を読むことが困難な市民のために、独自に収集した情報を音訳しテープに録音して届ける活動を行っている。

 現在は創設時から続くオリジナルの録音テープ作成のほか、市の委託を受け、広報や書籍などの情報を音訳して視覚障害者に届けている。加えて、視覚障害者それぞれの要望に応え、家電の取扱説明書や料理本の音訳、公民館などでの対面音訳なども行っている。齋藤会長は「先輩たちが種を蒔いた団体が大きく育ってよかった。今後も尽力していきたい」と話した。

 問い合わせは、あじさい会館4階録音作業室【電話】759・3963へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「力道山が相模原に来た」

「力道山が相模原に来た」

上映会とトークショー

12月15日~12月15日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク