さがみはら中央区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

トレーナー久保田さん ロシアW杯に帯同 選手と共に戦った47日間

スポーツ

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena
選手からプレゼントされたユニフォームを持つ久保田さん
選手からプレゼントされたユニフォームを持つ久保田さん

 2018FIFAワールドカップロシア(以下W杯)で熱戦を演じたサッカー日本代表に帯同し、選手の活躍を支えた「トレーナー」。その中の1人が、南区相模大野・東林間で接骨院を営む、久保田武晴さん(50)だ。

 久保田さんはJリーグのチームでトレーナーとして経験を積み、ブラジルW杯後の2014年9月、初めて代表チームに帯同した。

 その後も定期的に招集を受けた久保田さんは、「トレーナーとして若い頃から目標としていた」というW杯の舞台へ。国内合宿が始まる5月20日から、47日間を選手と共にした。

 「選手のW杯にかける想いの大きさを、あらためて感じた。それまでの遠征、大会とは全く違う経験だった」。怪我明けの選手らの身体のケアには特に気を使い、最終的にメンバーが確定したコロンビア戦前日までは「精神的にもかなり疲弊した」と久保田さんは話す。

 本大会が始まると、日本代表は下馬評を覆す快進撃を見せた。決勝トーナメント進出が決まったポーランド戦後には、ベスト8へ向けさらに結束が深まっていったという。

 そして迎えたベルギー戦、日本は死力を尽くした末に敗戦となった。「本当にいいチームだったので寂しさがこみ上げると共に、『やることは全て出し切った』という感覚だった単に『楽しかった』と表現することはできないが、濃密な経験だった」と振り返る。

後進に経験伝える

 今後の代表チームでの活動は未定だが「この経験を後進に伝えていきたい。そして、地域のアスリート達の治療に尽力することが自分の役目」と久保田さんは話している。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

世界大会で3連覇

ダブルダッチREG STYLE

世界大会で3連覇 スポーツ

南区在住・前田さん所属

9月12日号

虐待防止へ対応強化

相模原市

虐待防止へ対応強化 社会

県警と全ての情報を共有

9月12日号

SDGs推進へ 研修強化

相模原市

SDGs推進へ 研修強化 文化

職員啓発で、普及後押し

9月5日号

清川村と包括協定

相模女子大

清川村と包括協定 社会

商品の共同開発も加速

9月5日号

愛着醸成、SDGs推進へ

市9月補正予算案

愛着醸成、SDGs推進へ 社会

12億計上 市長公約を反映

8月29日号

「複合型スタジアム」検討へ

「複合型スタジアム」検討へ スポーツ

返還地候補に 組織設立

8月29日号

市の平均、全国下回る

学力・学習状況調査

市の平均、全国下回る 教育

中学英語は同程度

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク