さがみはら中央区版 掲載号:2018年9月6日号
  • googleplus
  • LINE

白内障・いびき・歯周病 19日 協同病院の市民講座

社会

 身近な病気について、相模原協同病院(高野靖悟病院長)の医師が解説する講座『身近な病気について学ぼう―白内障・いびき・歯周病―』が9月19日(水)、杜のホールはしもと7階で開かれる。

 同院が主催する市民健康教育公開講座の第45回。相模原市・市医師会・市病院協会・JA相模原市が後援する。

 講座は2部構成。第1部では、同院眼科の白木夕起子医長が「誰でも起こる?白内障」を、耳鼻咽喉科の猪健志部長が「いびきと睡眠時無呼吸症候群〜いびきはどんなサイン?〜」を、歯科口腔外科の中島敏文部長が「歯周病が及ぼす体への影響とは?」をそれぞれ講演する。第2部は、第1部に登壇した医師3人をパネリストに迎え、高野病院長を座長にパネルディスカッションを行う。

 参加無料。事前申込不要、500人先着順。午後6時開演(5時30分開場)。問合せは同院企画情報課【電話】042・772・4291へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク