さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

福祉の魅力 若い世代に 相模福祉村、市に本寄贈

文化

本を寄贈した赤間理事長(右)と加山俊夫市長=1日、相模原市役所
本を寄贈した赤間理事長(右)と加山俊夫市長=1日、相模原市役所
 広く市民に対し福祉への理解を深めてもらおうと、社会福祉法人相模福祉村の赤間源太郎理事長が1日、市役所を訪れ、自身が著したエピソード本「あおいとりの贈り物」200冊を市に寄贈した。

 同書は、相模福祉村で働く職員が利用者と接する中で感じた「心のふれあい」をまとめたエピソード集。寝たきりの高齢者や、身寄りがなく過去の記憶もない男性、人と会話ができない自閉症の少年とのエピソードなど、福祉を通じた職員らの実体験を紹介している。寄贈された本は老人福祉センターや高齢者支援センター、小中学校、図書館などに配架される。

 赤間理事長は「市民の方々、特に小中学生など若い世代の方に読んでもらいたい。本を通じて福祉の魅力を知ってもらえたら」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「力道山が相模原に来た」

「力道山が相模原に来た」

上映会とトークショー

12月15日~12月15日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク