さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

「パラスポ祭典」で共生啓発 潤水フェスタとの共催で

スポーツ

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena
出演する北澤豪氏
出演する北澤豪氏

 アスリートによるトークショーやパラスポーツ体験などにより、障害への理解の促進を図るイベント「さがみパラフェスタ」(共にささえあい生きる社会パラスポーツ普及啓発実行委員会主催、市共催)が10月20日(土)・21日(日)、相模総合補給廠一部返還地で開かれる。

 共生社会の実現に向けて啓発活動に取り組む相模原市では、東京2020パラリンピックへの機運も高まる中、今年度はパラスポーツを啓発の切り口として進めて行こうと、4月に障害福祉や市関連団体9者で実行委を結成。パラアスリートによるトークショーなどのイベントの開催を通じて活動を広げてきた。今回行われるパラフェスタは、市の一大イベント「潤水都市さがみはらフェスタ」との共催事業として、多くの来場者を見込める同フェスタの会場内で開催することで、より効果的なPRを図る。

ステージに北澤氏ら

 パラフェスタは両日とも午前10時から午後5時まで。会場では車いすテニスやブラインドサッカー、車いすバスケットボールといったパラスポーツ(種目は変更あり)や競技用義足の体験などが行われる。20日の午後2時5分からは、さがみはらフェスタのステージで「日本障がい者サッカー連盟」会長の北澤豪氏、車いすテニス選手の眞田卓氏、市内在住で「日本車いすテニス協会」ナショナルチーム監督の中澤吉裕氏によるトークショーを開催。小出庄作実行委員長は「リハビリとしてではなく、競技として志を持って取り組む障害者スポーツを、市民の皆さんに知っていただくことが一番の願い」と来場を呼びかける。入場無料。パラフェスタの問合せは市障害政策課【電話】042・707・7055へ。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

飛沫防止シールドを開発

市内3社

飛沫防止シールドを開発 経済

飲食店の売上回復に期待

5月28日号

区制10年 魅力発信に全力

区制10年 魅力発信に全力 政治

藤田区長にインタビュー

5月28日号

コロナ対策、5月補正33億

相模原市

コロナ対策、5月補正33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

フェイスシールドを寄贈

市立小5年嘉手納さん

フェイスシールドを寄贈 教育

200個を手作り

5月21日号

上溝から広がれ地域の輪

新型コロナウイルス対策

上溝から広がれ地域の輪 社会

連合会が消毒液無償配布

5月14日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 経済

早くて5月下旬に振込

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.43

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    5月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク