さがみはら中央区版 掲載号:2018年11月1日号
  • LINE
  • はてぶ

300人が地域交流 社福のゲートボール大会

文化

競技を楽しむ参加者
競技を楽しむ参加者
 社会福祉法人相模福祉村(赤間源太郎理事長)が主催する「第12回ゲートボール大会」が10月23日、麻溝公園スポーツ広場で行われた。

 地域に開かれた施設運営を掲げる同法人が、地域貢献の一環として主催する大会。毎年行われており、今年は47チーム約300人が参加した。

 当日は参加チームが各コートに分かれて競技を実施。優勝チームには優勝杯と賞状が贈られた。昼食時には同法人の運営施設から参加者へ恒例の焼きそばや豚汁が振る舞われ、好評を博した。

 大会を終え赤間理事長は「社福としてこれからも地域とともに歩んでいきたい」と話している。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク