さがみはら中央区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

「相模原も巨人くらい大事」 原監督、医師会講座で講演

スポーツ

地元への思いも語った原氏=11月25日
地元への思いも語った原氏=11月25日
 相模原市医師会整形外科医会の市民公開講座が11月25日、相模女子大学グリーンホールで行われ、東海大相模高校出身で来季から3年ぶりに読売巨人軍の指揮を執る原辰徳氏が講演を行った。

 市民公開講座は2部制で行われ、1部では相模原病院整形外科医師の岩澤三康氏らがスポーツと健康について講演。2部から原氏が登壇すると、この日詰め掛けた大勢の観客からは大きな拍手。冒頭、原氏は約1カ月前に発表された監督就任に触れ、「ゆっくりするつもりが、まさか監督業に戻るとは思っていませんでした」と笑顔で話すと、会場からは再び拍手が沸き起こり、原氏は続けて「急に忙しくなりましたが、相模原も巨人と同じくらい大事なので今日は駆け付けました」と生まれ育った場所への思いも語った。その後は「私の野球人生」と題して約1時間半の講演を行い、観客を楽しませた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「力道山が相模原に来た」

「力道山が相模原に来た」

上映会とトークショー

12月15日~12月15日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク