さがみはら中央区版 掲載号:2018年12月13日号
  • LINE
  • hatena

外国人監督迎え「変革」 助っ人が活躍 再び悲願へ

スポーツ

けん引したマイケル・リトル
けん引したマイケル・リトル
 5点リードで残り1分。2008年以来となるトップリーグ昇格は目前だった。だが、昇格の二文字は無情にもその手からこぼれ落ちた。昨季の悔しさから、まもなく一年が経とうとしている。

 三菱重工は今季、新たにグレック・クーパー氏をヘッドコーチ(HC)に迎え始動した。海外でも経験豊富な指揮官のもとチームスタイルの刷新を図り、攻守両面でのアグレッシブさを選手に浸透させた。

 迎えた18-19シーズン。開幕戦の釜石に勝利した重工は、続くトップリーグ組のNTTドコモに敗れるも、その後連勝を果たす。チームの中心となったのは、今季からキャプテンに就任したNo.8の土佐誠らベテラン勢と、マイケル・リトルら助っ人外国人勢。試合によっては助っ人が半数を占めることもあり、マイケル・リトルに加えマット・ヴァエガやダニエル・ホーキンスらが、外国人特有の力強いランとディフェンスでチームをけん引した。

 チャレンジリーグの1stステージを5勝2敗の3位で終えた重工は、上位4チームによる2ndステージに進出。1stステージで敗れた格上の近鉄に雪辱を果たすなど、2勝1敗の2位でリーグを終えた。残すはトップリーグ下位チームとの最終入替戦。15日に運命の対戦相手が決まる。

 クーパーHCはシーズン開幕前、昇格を果たす上で必要なことを問われこう答えていた。「ビリーブ=信じること」。昨季の入替戦、トップリーグのクラブと互角以上に渡り合った選手たちは、指揮官の言葉にあるように悔しさとともに自信を手に入れた。10年ぶりとなる昇格へ。もう悔し涙はいらない。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク