さがみはら中央区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

相模原平成史 回顧 -最終回- 「はやぶさ2」に思い託す 初代から続く挑戦

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
津田雄一さん(43)=JAXA相模原キャンパスで小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトマネージャ大学卒業後の2003年にJAXAの技術者となり、初代はやぶさプロジェクトを経て、現在はやぶさ2プロジェクトに尽力する
津田雄一さん(43)=JAXA相模原キャンパスで小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトマネージャ大学卒業後の2003年にJAXAの技術者となり、初代はやぶさプロジェクトを経て、現在はやぶさ2プロジェクトに尽力する

 平成元年に相模原に移転してきたJAXA宇宙科学研究所。現在、小惑星リュウグウでのサンプルリターンミッションに挑戦している探査機はやぶさ2は、世界中の注目を浴びる。「絶対に地球に還す」。携わる600人の技術者たちの揺るぎない思いは、80年代から開発が進められ、長い歳月をかけ帰還を果たした初代はやぶさプロジェクトから受け継がれている。

-・-・-・-・-・-

 はやぶさ2のミッションは、リュウグウからサンプルを持ち帰り、生命の起源解明の糸口を見つけること。初代はやぶさが燃料漏れや音信不通など幾多の困難に見舞われたことから、トラブルの少ない確実なミッションの遂行が求められた。はやぶさ2プロジェクトの総責任者を務める津田雄一さんは、開発の段階で、何百項目にも及ぶ問題点に向き合ったという。「開発は一筋縄ではいかないもの。見落としがあると必ずそこが障壁となる」。自身が初代はやぶさプロジェクトに携わっていた頃、「絶対に成功させてやる」という責任感のもと困難に立ち向かう先輩技術者の姿を見た。はやぶさ2開発に従事する中で、探査機が思い通りに動かないなど不測の事態もあったが、初代はやぶさの経験と責任ある立場から、「リュウグウは待ってくれない。自分たちが頑張るしかない」と気持ちを奮い立たせた。こうして2014年、はやぶさ2は多くの技術者に見守られ宇宙へ。開発にかけた思いが結実した瞬間だった。

「はやぶさの借りを返した」

 今年2月、はやぶさ2はいよいよリュウグウへの着陸を図った。その様子を管制室で見守った津田さん。「困難なことへの挑戦が成功したとき、何事にも代えがたい感動が待つ。この瞬間を夢見てやってきた」。全身全霊をかけて作り上げたはやぶさ2が無事に着陸すると、仲間たちと握手し抱き合った。側には、心から笑顔を浮かべる初代はやぶさの総責任者・川口淳一郎さんの姿。「はやぶさの借りを返しました」という津田さんの言葉に、いつもは厳しい川口さんも笑ってうなずいたという。「初代はやぶさから続く技術者たちの思い、宇宙科学研究所の歴史、それらを一つ叶えられた瞬間だった」

 現在、はやぶさ2はサンプル採取のため、2回目の着陸をめざし、生成したクレーターの状態を見極めている。「令和2年、必ずはやぶさ2を地球に還す」。初代はやぶさの思いを受け継ぐ技術者たちの飽くなき挑戦は続く。

※このコーナーでは、相模原での平成史30年の特筆すべき出来事について、その関係者に話を聞き、当時を振り返ります

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

名物ハンバーグ 宇宙到達

名物ハンバーグ 宇宙到達 社会

「ホリエモンロケット」に搭載

5月23日号

理想の暮らしを描くこと

理想の暮らしを描くこと 社会

専門家に聞く家選びのヒント

5月23日号

よしもと芸人来たる

よしもと芸人来たる 文化

7月27日お笑いまつり

5月23日号

「悪徳」事例を熱演

「悪徳」事例を熱演 社会

弥栄中生が呼びかけ

5月23日号

待機児童 8人に大幅減

待機児童 8人に大幅減 社会

申込み最多 「保留」は微増

5月23日号

「バカでもできる行動力」

「バカでもできる行動力」 教育

JC主催 杉村氏講演会

5月23日号

介護現場のリアルを語る

介護現場のリアルを語る 社会

若手によるシンポジウム

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク