さがみはら中央区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

平成の小倉橋写真を募る 城山商工会青年部が企画

経済

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
幻想的な小倉橋のライトアップ
幻想的な小倉橋のライトアップ

 城山商工会青年部(緑区/天野隆裕部長)による「小倉橋フォトコンテスト」が、今年はライトアップ期間に限らず、平成全ての期間の写真を対象に開催される。平成の小倉橋を写真で振り返って活用し、城山のPRにつなげたい考えだ。

 小倉橋は1938年に架設。2004年には老朽化と交通渋滞の緩和対策として、約100m上流に「新小倉橋」が開通した。現在では、両橋ともアーチ形状の壮麗さから小倉の親子橋として、城山を代表する観光名所となっている。同青年部では「多くの人に城山に訪れてほしい」と、88年から夏休み時期のライトアップを開始。新小倉橋が完成した04年からは、ライトアップの時期を対象にしたフォトコンテストを行い、これまで15回の開催でのべ654人から1091枚の作品を集めている。今回、新元号になったことを契機に「平成の小倉橋を振り返る企画を」と、ライトアップ期間に限らないフォトコンテストの実施が決まった。「新小倉橋がなかった時期のものや灯ろう流しなど、多くの写真が集まってほしい」と同青年部は期待を寄せる。

「四季折々の作品を」

 テーマは「四季折々の小倉橋。平成の31年間を振り返ろう」。平成元年から令和元年9月6日(金)までの小倉橋や新小倉橋を写したLサイズ以上のプリント作品。裏に題名、撮影年月日、住所、氏名、年齢、電話番号、職業を記入した応募票(自作可)を貼り、同会へ郵送か持参を。締め切りは9月6日。応募方法など詳細は城山商工会【電話】042・782・3338へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

「小田多摩」の延伸促進を

「小田多摩」の延伸促進を 政治

議員連盟がルート視察

2月20日号

障害者との共働学ぶ障害者との共働学ぶ

障害者との共働学ぶ障害者との共働学ぶ 社会

市職員が研修市職員が研修

2月20日号

「市長公室」を新設

「市長公室」を新設 政治

市が組織改編

2月20日号

介護の未来を考える

介護の未来を考える 社会

市長ら参加し懇話会

2月20日号

日頃の成果を披露

日頃の成果を披露 文化

星が丘公民館でまつり

2月20日号

児童の力作勢ぞろい

児童の力作勢ぞろい 文化

大野北誠心園で展示会

2月20日号

発達障害テーマに講演会

発達障害テーマに講演会 社会

3月14日 あじさい会館

2月20日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク