さがみはら中央区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

黒岩県知事 "共生社会へ"アリオ訪問 「障がい理解研修」を視察

社会

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
アイマスクをして商品説明を受ける黒岩知事=1日
アイマスクをして商品説明を受ける黒岩知事=1日

 黒岩祐治神奈川県知事は7月1日、県議会と共同で策定した「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念普及に取り組む現場として、アリオ橋本(緑区大山町)を訪問し、運営会社である(株)セブン&アイ・ホールディングスが実施する「障がい理解研修」を視察した。津久井やまゆり園の事件発生からまもなく3年。共生社会の実現に向けた県の取り組みが、企業との連携を通じても進められている。

 この視察は、黒岩知事が2011年度の就任当初から実施している、“個性と魅力あふれる現場”を訪れる取り組み『黒岩祐治が行く!神奈川の現場』の一環。県と同社は今年4月に「SDGs(持続可能な開発目標)推進に係る連携と協力に関する協定」を結んでおり、その中に共生社会の推進に関する連携事項も盛り込まれた。今回この協定基づき同社では、イトーヨーカドーなど県内のグループ7社の従業員を集め、県の障害者理解促進研修コーディネート事業を活用した研修を実施。それを、知事が視察する運びとなった。

 研修では障害当事者が講師を務め、従業員77人が参加。障害者に対する接客の基本やコミュニケーションの方法、障害の特性や場面に応じた配慮などの講義を聴き、実習を行った。

 視覚障害者への接客対応実習では、2人1組となり、アイマスクで目を覆った相手に対して、指定された衣類の商品説明を声だけで試みた。黒岩知事も両目を隠し、ペアを組んだ女性の説明に耳を傾けた。

 知事は、「目の見えない人に商品を説明するというのは難しい。障害者の立場でものを考えるという訓練が非常に重要だと感じた。憲章を広く普及させようとしている中で、それに共感してくださり、このような研修に繋がったというのは、とても嬉しい」と話した。

 県内グループ7社が共同で研修を行ったのは、同社でも初めてのことだという。同社は、「神奈川県をより住みやすい地域にするために、接客を通じて地域の皆様の暮らしを支えてまいります」とコメントした。

南橋本に7月14日オープン!

男性も歓迎「ハッピーヨガ」

http://spanda-studio.com/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

上溝夏祭り中止に

上溝夏祭り中止に 文化

五輪で警備体制整わず

1月23日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

40年の歴史に幕

相模原市国際交流協会

40年の歴史に幕 社会

4月にお別れパーティー

1月16日号

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

オリ・パラ 準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 社会

1月9日号

津田桂さん、聖火をつなぐ

幻のモスクワ五輪代表

津田桂さん、聖火をつなぐ スポーツ

40年越し 思いを昇華

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク