さがみはら中央区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

黒岩県知事 "共生社会へ"アリオ訪問 「障がい理解研修」を視察

社会

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
アイマスクをして商品説明を受ける黒岩知事=1日
アイマスクをして商品説明を受ける黒岩知事=1日

 黒岩祐治神奈川県知事は7月1日、県議会と共同で策定した「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念普及に取り組む現場として、アリオ橋本(緑区大山町)を訪問し、運営会社である(株)セブン&アイ・ホールディングスが実施する「障がい理解研修」を視察した。津久井やまゆり園の事件発生からまもなく3年。共生社会の実現に向けた県の取り組みが、企業との連携を通じても進められている。

 この視察は、黒岩知事が2011年度の就任当初から実施している、“個性と魅力あふれる現場”を訪れる取り組み『黒岩祐治が行く!神奈川の現場』の一環。県と同社は今年4月に「SDGs(持続可能な開発目標)推進に係る連携と協力に関する協定」を結んでおり、その中に共生社会の推進に関する連携事項も盛り込まれた。今回この協定基づき同社では、イトーヨーカドーなど県内のグループ7社の従業員を集め、県の障害者理解促進研修コーディネート事業を活用した研修を実施。それを、知事が視察する運びとなった。

 研修では障害当事者が講師を務め、従業員77人が参加。障害者に対する接客の基本やコミュニケーションの方法、障害の特性や場面に応じた配慮などの講義を聴き、実習を行った。

 視覚障害者への接客対応実習では、2人1組となり、アイマスクで目を覆った相手に対して、指定された衣類の商品説明を声だけで試みた。黒岩知事も両目を隠し、ペアを組んだ女性の説明に耳を傾けた。

 知事は、「目の見えない人に商品を説明するというのは難しい。障害者の立場でものを考えるという訓練が非常に重要だと感じた。憲章を広く普及させようとしている中で、それに共感してくださり、このような研修に繋がったというのは、とても嬉しい」と話した。

 県内グループ7社が共同で研修を行ったのは、同社でも初めてのことだという。同社は、「神奈川県をより住みやすい地域にするために、接客を通じて地域の皆様の暮らしを支えてまいります」とコメントした。

南橋本に7月14日オープン!

男性も歓迎「ハッピーヨガ」

http://spanda-studio.com/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

「洪水・土砂」想定し初実施

市風水害対策訓練

「洪水・土砂」想定し初実施 社会

困難者誘導などに課題も

8月15日号

職員の資質向上に一役

保育者ステップアップ研修

職員の資質向上に一役 教育

人手不足、多忙に懸念も

8月15日号

相模湖でテストキャンプ

カナダボートチーム

相模湖でテストキャンプ スポーツ

「両国でより深い交流を」

8月8日号

「補給廠」軸に魅力創出

「補給廠」軸に魅力創出 社会

官民学連携の検討会発足

8月8日号

公立の意地 初の4強

県相野球部

公立の意地 初の4強 スポーツ

昨年覇者横浜破る大金星

8月1日号

東京五輪代表「第1号」に

地元出身飛込み坂井選手

東京五輪代表「第1号」に スポーツ

リオの雪辱へ「メダルを」

7月25日号

本大会さながら、市内熱狂

五輪自転車ロードレース

本大会さながら、市内熱狂 スポーツ

ボランティアも運営支援

7月25日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

希少な「白いカエル」

希少な「白いカエル」

ふれあい科学館で展示

6月1日~10月20日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク