さがみはら中央区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

弥栄高・永瀬教諭 カンボジア政府の顧問に 情報省から任命 活動評価

社会

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
カンボジア情報大臣にラーメンを寄付(左が永瀬さん)
カンボジア情報大臣にラーメンを寄付(左が永瀬さん)

 弥栄高校で日本史教諭を務める永瀬一哉さん(63)がこのほど、カンボジア情報省のアドバイザー(顧問)に任命された。政府の「お墨付き」として交渉の際の調整役などを行うもので、日本人の任命は初となる。

人道支援続け30年

 永瀬さんは日本史教諭として勤務する傍ら、相模原を活動拠点とするNPO法人「インドシナ難民の明日を考える会」の代表を務めている。同団体は1990年の設立当初から、市内のインドシナ(ベトナム、ラオス、カンボジア)難民への教育支援に注力。加えて定期的にチャリティーイベントを開催して活動資金を募り、カンボジア本国への学校、図書館の建設や井戸の寄贈、医療支援などを行っている。2016年には現地の米を5トン、翌年にはラーメン3000食をカンボジア政府に提供した。

 こうした長きにわたる人道支援活動が評価され、推薦を受ける形でこのほどアドバイザーに就任。同国から送られてきた任命書には、情報省のアドバイザーとして人道支援分野を担当する旨が明記されているほか、内閣や国営のテレビ局、ラジオ局などが積極的に永瀬さんに協力していく義務について触れられている。

 永瀬さんは「今までやってきたこと、実績を認めてもらったと思うので、これに恥じないように生きていきたい。今後も支援を続けていければ」と話している。

寄贈された文房具を手に笑顔を見せる現地の小学生
寄贈された文房具を手に笑顔を見せる現地の小学生

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

防災用品寄付で感謝状

SDGsパートナー3者

防災用品寄付で感謝状 社会

市まち・みどり公社から

1月27日号

地域巡って「フレイル」防ぐ

地域巡って「フレイル」防ぐ 文化

小山でクイズラリー開催

1月27日号

道下選手講演会 中止に

中央自治連がコンサート

中央自治連がコンサート 文化

富士見小児童の歌発表も

1月27日号

プロの芸術作品を間近で

プロの芸術作品を間近で 文化

相模原市民ギャラリー

1月27日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月27日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook