さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

就任特別インタビュー 奉仕の心で「地域を元気に」 国際ロータリー第2780地区 杉岡ガバナー

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに応える杉岡氏=8月16日
インタビューに応える杉岡氏=8月16日

 相模原商工会議所の会頭で、相模原ロータリークラブ(RC)に所属する杉岡芳樹氏(相模ガス社長/69)がこのほど、国際ロータリー第2780地区の19─20年度ガバナーに就任した。就任にあたり、ガバナーとしての思いや今後について話を聞いた。

─・─・─・─・─・─

 100年以上の歴史を有し、200以上の国と地域のクラブを会員とする連合組織「国際ロータリー」。第2780地区は、横浜、川崎を除く神奈川県下の全68のクラブで構成されている。

 地区ガバナーは、地区内における国際ロータリーの唯一の管理役員。そのため、国際ロータリーの考えを地区内のクラブに伝えていく役割を持つ。相模原が所属する地区内「第5グループ」として2年ぶり、相模原RCとしては33年ぶりにガバナーに就任した杉岡氏は、「68のクラブにはそれぞれ特色があり、独自の活動をしながらも皆が同じ方向を向いている。各クラブが元気になれるような情報提供も担っていきたい」と決意を口にする。

「若返りと会員増強を」

 「ロータリーは世界をつなぐ」の理念のもと、同地区ではポリオ(脊髄性小児麻痺)撲滅のための取り組みや、高校生の留学制度「青少年交換プログラム」、海外で学ぶ人への奨学金制度などを設け、より良い地域社会づくりに寄与している。一方で、会員の高齢化は喫緊の課題。各クラブを回る中で杉岡氏は、若返りとともに会員増強の必要性も切に感じたといい、「ロータリーの活動、そして奉仕の素晴らしさをいかに発信していくかを考えていきたい」と話す。

 「1クラブ1奉仕プロジェクト」として今後、多くの人々を巻き込み活動を広げていく考えを示した杉岡氏。自身は20年以上にわたり奉仕活動に携わっており、これまでの活動を「自分の財産」と表現する。「これからも人との関わりやつながりを大事にしたい。クラブが元気になればきっと地域も元気になれる」

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

「小田多摩」の延伸促進を

「小田多摩」の延伸促進を 政治

議員連盟がルート視察

2月20日号

障害者との共働学ぶ障害者との共働学ぶ

障害者との共働学ぶ障害者との共働学ぶ 社会

市職員が研修市職員が研修

2月20日号

「市長公室」を新設

「市長公室」を新設 政治

市が組織改編

2月20日号

介護の未来を考える

介護の未来を考える 社会

市長ら参加し懇話会

2月20日号

日頃の成果を披露

日頃の成果を披露 文化

星が丘公民館でまつり

2月20日号

児童の力作勢ぞろい

児童の力作勢ぞろい 文化

大野北誠心園で展示会

2月20日号

発達障害テーマに講演会

発達障害テーマに講演会 社会

3月14日 あじさい会館

2月20日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク