さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

動かすラグビー 勝機あり キャプテン・土佐誠選手

スポーツ

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
土佐誠選手=関東学院大学出身。33歳。NECから移籍。フランカー、ナンバーエイト。主将として今年トップリーグ昇格に導く。「世界のラグビーを肌で感じて」
土佐誠選手=関東学院大学出身。33歳。NECから移籍。フランカー、ナンバーエイト。主将として今年トップリーグ昇格に導く。「世界のラグビーを肌で感じて」

 イギリスやオーストラリアへの留学など豊富な海外経験からW杯の注目選手には外国人の名が並ぶかと思えば、自身は日本人選手に思いを抱く。少年時代は元木由記雄、箕内拓郎、松田努など、かつての桜ジャージの戦士たちに憧れ、声援を送った。常勝軍団と呼ばれた関東学院大学では、OBが代表で活躍する姿に刺激され、自らを奮い立たせ、トップリーグでは、代表選手たちとしのぎを削ってきた。リーグで活躍する選手たちが自国開催のW杯でどんな活躍を見せてくれるのか、今からもう楽しみで仕方ないといった様子だ。

 前回大会は日本文化も理解するエディ・ジョーンズHD(ヘッドコーチ)の指揮のもと、ジャパン・ウェイ(日本らしさ)を全面に出して戦ったが、今回はジェイミー・ジョセフHDをはじめ、攻撃、守備コーチ皆がニュージーランド出身で、外国人選手も南半球の国から集めた。スピード感にあふれ、ボールをどんどん動かすニュージーランド仕込みのラグビーが身上。同グループの双璧・アイルランド、スコットランドに代表される欧州特有の重厚でスローなラグビーとぶつかり合うことで果たしてどんな結果が生まれるのか。自身は大いに期待を寄せている。

3人の仲間にエール

 一方選手に目を向ければ、PR(プロップ)中島イシレリ、司令塔のSO(スタンドオフ)田村優、SH(スクラムハーフ)茂野海人の3人に期待をかける。この3人は所属していたNEC時代に日本一をめざして共にプレーした仲間。その3人が今度は世界一をかけて戦うとあって、「もちろん応援したいし、とにかくみんなには頑張ってほしい」と思い入れはひとしおだ。

 注目される予選リーグ突破のカギは、ずばり「地の利」。「時差がなく、食事も変わらない」といった様々な自国開催の利点をフルに生かし、初戦を勝ち切ることの重要性を挙げた。その上で、強豪の2国とは疲労が見える後半を勝負どころとし、左右に揺さぶるスピードラグビーが発揮できれば勝機があると見る。

 そうしたチームの勝敗は気になるところだが、その中でも「現地でも、TVでも、どんな形でもいいのでW杯を観て触れて、楽しむ」ことを呼びかける。ラグビーが好きになる契機となることにも期待する。「世界のラグビーが日本に集まる滅多にない機会。このチャンスを逃さず、一緒に代表の力になれるよう応援しましょう、そして楽しみましょう」

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

三遊亭小遊三さんインタビュー

三遊亭小遊三さんインタビュー 文化

5月、市民会館で名人会

2月27日号

ライズ、新ヘッド就任

ライズ、新ヘッド就任 スポーツ

須永氏に替わり城ヶ滝氏

2月27日号

ヤマハに69失点で完敗

三菱重工

ヤマハに69失点で完敗 スポーツ

ウィングに最多トライ許す

2月27日号

児童の安全 地域で見守る

児童の安全 地域で見守る 社会

田名小安全ボランティア

2月27日号

夢と思い出、ケーキに描く

夢と思い出、ケーキに描く 教育

淵東小6年生が制作

2月27日号

「SCの事 もっと知って」

「SCの事 もっと知って」 社会

児童主体でPR動画制作

2月27日号

地域連合が災害支援

地域連合が災害支援 政治

市に100万円を寄付

2月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク