さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

継続は力 上達が生きがい テニス歴60年の西水さん

社会

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
(上)バックで打ち返す西水さん(下)取材も明るく応じる
(上)バックで打ち返す西水さん(下)取材も明るく応じる

 大学2年生のとき、友人に誘われて軟式テニス部の門を叩いた。あれからテニス歴は60年以上。西水満さん(横山在住)は80歳になった今も週1回はテニスを欠かさぬ現役プレーヤーだ。

 大学で入部したての頃は全くの初心者だったこともあり、「最初は後輩の玉拾いばかりやらされていた」と当時を振り返る。大学卒業後、三菱重工に入社後も軟式テニス部に入部。地道にレベルアップしてきた西水さんはここでもメキメキと腕を上げ、社内大会で3位に入賞したことも。それでも転勤を契機に、一時はテニスから遠ざかっていたが、1984年に相模原に新居を構えると近所にゼストテニスクラブの存在を知り、早速入会。今度は軟式から硬式へとスタイルを変え、スクール生としてのテニスライフをスタートさせた。初めは打ち方の違いに戸惑ったが、慣れてくると硬式テニスの面白さに引き込まれていった。

ナダル選手を参考にすることも

 西水さんはテニスの面白さを「ラリーが続くこと」と言い切る。自身の納得のいくショットが出ればうれしさが沸いてくるという。テニスは週1回のレッスンのほか、市営コートが取れれば、昔のテニス仲間と試合をすることも。ウィンブルドンなどの試合もテレビで観戦。同じ左利きのラファエル・ナダル選手のプレーを見て参考にすることもよくあるという。

 ここまで長くテニスを続けられた秘訣を「スクールで丁寧に教えてくれたから」とした上で、「上達が喜びとなり、楽しみになった」。そしてとにかく「長く続けることが大事」と力を込める。

 これからもテニスは続けていくつもりで、「緩いボールしか打てなくなっても、ラリーを楽しみたい」と笑う。継続は力。上達を励みに続けてきたテニスは、生きがいであると同時に、健康な身体づくりも担っている。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

弥栄中吹部、東日本へ

弥栄中吹部、東日本へ 文化

TBSコンで優秀賞

11月14日号

バリ舞踊に大歓声

バリ舞踊に大歓声 文化

横山 味覚まつりで

11月14日号

ライズ逃げ切り初勝利

ライズ逃げ切り初勝利 スポーツ

週末は今季最終戦

11月14日号

園を開放し多彩な催し

園を開放し多彩な催し 教育

144施設で保育ウィーク

11月14日号

SC ホームで逆転負け

SC ホームで逆転負け スポーツ

4戦ぶり白星ならず

11月14日号

「SINCE1920」

シリーズ誕生 キーコーヒー

「SINCE1920」 文化

創業100周年記念

11月14日号

蘇る青春

蘇る青春 文化

グリーンホールでフェス

11月14日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク